MENU

先輩社員紹介商品デザイン部 – 2019年入社

デザイナーも「お客さま目線」を忘れずに、
細かなところまで配慮して商品を
世の中に送り出します。

商品デザイン部
2019年入社

ADDICTIONを担当しています。シンプルで美しい造形を突き詰めるブランドなので、難しさもありやりがいがあります。

商品のコンセプトを形にして
世の中に送り出す仕事

もともとライフスタイルに馴染むような「生活の一部」をデザインできたらいいな、とふんわりしたイメージがありました。深く考えていくうちに、プロダクトデザインの中でも家電のように機能に縛られない自由なデザインがしたいと思い、化粧品会社を希望しました。

入社してからは雪肌精・DECORTÉ・ADDICTIONを担当し、企画部門が立てた商品のコンセプトを形にして商品として世に送り出すまでの一連の業務を行います。現在は、一からブランドをつくるというような大きな仕事ではなく、リニューアルや個別案件が主体ですが、お客さまに常に新鮮な気持ちで見ていただけるようなデザインを心掛けています。

担当した商品が、グッドデザイン賞を受賞!
大きな自信になりました。

友人のSNSなどを通じて、自分が担当した商品を見ると嬉しくなりますし、自信にもつながります。自分が担当した「SEKKISEI クリアウェルネスシリーズ」がグッドデザイン賞を受賞した時は、大変嬉しかったです。

現在は担当ブランドのデザインだけでなく、今までにない新しいパッケージの開発に取り組んでいます。今後は我々商品デザイン部発信で、パッケージを通じて新しい角度からものづくりができないかと試みていきたいです。

お客さまに見えない細かなところまで徹底的にこだわったモノづくりを

コーセーではデザイナーも設計や仕入れ先と協力し、パッケージの素材選びから、見えない内部の構造まで、かなり専門的なところまで検討してものづくりをします。ただデザインする、イメージを描くことだけではなく、様々な条件をクリアした上で美しい造形をつくることができるのは、コーセーのデザイナーならではのスキルだと思います。

ある一日の流れ

10:00

出社。メールチェック・業務確認

12:00

昼食・移動

13:30

デザインワーク

16:00

他部署とのデザイン確認

17:00

デザイン確認用模型作成

19:00

退社

About Me

出身学部

美術学部 デザイン学科

学生時代に夢中だったこと

主にプロダクトの造形から作品の撮影を含めたブランディングまで、一連の流れをデザインすることを学んでいました。

I LOVE コーセー

「SEKKISEIクリアウェルネス」シリーズは形状部分のデザインを担当したので特に思い入れがあります。外部のクリエイティブディレクターとのデザインワークはとても新鮮で勉強になりました。

オフの過ごし方

人と会うことを大切にしています。家族でも友人でも、とにかく誰かと一緒に過ごしておいしいお酒やごはんを楽しんでリフレッシュしています。

就活生へのメッセージ

コーセーのデザイナーは学生時代の専攻分野が様々で、一緒に仕事をする中で学ぶことが多いです。立体からグラフィックまで幅広くデザインできますし、苦手なこともサポートしてくれる会社です。
私自身、化粧品に特別詳しいわけではありませんでしたが、「この会社は自分に合うかも!」という直感だけで選びました。時には、そういった自分でしか感じられない「感覚」を信じてみることも大切です。専攻に囚われずに、得意を伸ばしていける会社だと思うので、選考では思い切り自分を出して欲しいです。

他の先輩社員紹介

企業情報一覧

Page Top