MENU

〔環境〕地球環境のために環境指標

コーセーグループは、環境保全活動を推進するにあたり、7項目の目標を環境指標として策定しています。その推進を担うサステナビリティ推進委員会では、気候変動リスクや環境課題等を議論し、重要課題はサステナビリティ委員会で検討、取締役会に報告されます。
また、環境指標は、前年度の実績や社会ニーズに合わせて毎年見直しを行っています。

1. 環境汚染物質の管理・自主的削減

環境指標

化粧品は身体に直接使用するものなので、製造段階でも有害な化学物質を使用することはありませんが、まれにPRTR法(特定化学物質排出量の把握・管理促進法)など、化学物質の管理に関する法律や条例の適用を受ける物質を使用する場合があります。
コーセーでは対象となる化学物質をどれだけ環境中に排出したかを監視・測定するシステムを構築しています。この監視・測定システムの運用によって法律に厳密に対応するとともに、これらの化学物質の使用や排出の削減に努めています。

2. 環境に配慮した製品開発の促進

環境指標

コーセーでは、自主基準となる『ECO BOOK』で策定した「容器包装形態エコ基準」や日本化粧品工業連合会にて推進している『アクセシブルデザイン』等の各種基準に則り、環境に配慮した製品開発に取り組んでいます。
また、プラスチックの使用に関しては、政府の『プラスチック資源循環戦略』に準じて、<リデュース>・<リユース/リサイクル>・<再生利用/新素材利用>に取り組んでいます。
環境に配慮した商品への取り組み

3. 廃棄物の削減

環境指標

コーセーでは、工場や事業所から発生する廃棄物の発生量を削減し、発生した廃棄物については社内外での再利用・リサイクルを推進し、循環型社会の構築への貢献を目指します。

削減目標・実績

(株)コーセーの生産部門では、2015年度基準に、生産数量あたりの廃棄物量の削減目標を毎年0.5%と設定し、廃棄物発生量の削減とリサイクル活動の推進(ゼロエミッション)に取り組んでいます。
サステナビリティ関連データ

4. 気候変動

環境指標

コーセーは、国際社会の一員として、その基盤となる社会や地球環境のサステナビリティにおける責任を果たすために、気候変動への適応として、CO2排出量の削減は大変重要な課題と捉えています。
そのため、「コーセー サステナビリティ プラン」において、2030年までに総排出量で28%(Scope1・2:年率2.6%・2018年度比・2050年までに56.8%)の削減を中長期目標として定め、その実現に向けて全社横断型のプロジェクトを発足しています。この目標は、COP21(第21回国連気候変動枠組条約締約国会議)で合意された、CO2排出量削減のための新たな枠組みに準拠して設定しています。この目標達成のために、各工場における省エネへの取り組み・クリーンエネルギーへの転換検討、また営業部門では営業車数の削減やエコカーへの切り替え、事業所毎の省エネ活動等、コーセーグループ全体として取り組みを進めています。
環境負荷の全体像
サステナビリティプラン 取り組みテーマの中長期目標

事業活動によるCO2(GHG)総排出量実績

コーセーグループ全体における事業活動によるCO2(GHG)総排出量(Scope1・2・3)を算定し、削減に向けて管理しています。また、第三者からの独立した検証を受検しています。
サステナビリティ関連データ

5. 水資源

世界全体において、水は大変貴重な資源であり、またスキンケアやヘアケア商品などを生産する際に欠かせない成分の一部であることから、コーセーは水資源の重要性について十分認識し、事業活動を行なっています。
水資源の利用が最も多くなるのは生産事業であることから、コーセーでは、WWFが提供するWater Risk Filterを基に、水ストレスの高い地域で生産事業を行なっていないことを確認しています。
【2020年度時点: 0.0~5.0で実施される全体リスク評価のうち、2.6~3.0 群馬工場(日本・群馬県伊勢崎市)、狭山工場およびアドバンス(日本・埼玉県狭山市)、熊谷工場(日本・埼玉県熊谷市)、3.0~3.4 新竹工場(台湾・新竹市)】
また、当社グループの全生産部門(5拠点)では、水の管理計画を策定しています。具体的には、取水/排水量・リサイクル量・排出時の水質管理等を実施しており、節水活動・水の再利用や新技術の開発等で水資源の保全に取り組んでいます。

  • 節水活動例:ミキサー洗浄時は、自動洗浄機器を使用しての節水。生産備品の滅菌では熱水を使用せず、アルコールでの滅菌処理。従業員の施設内日常使用での節水活動。 等
  • 水の再利用活動例:バルク製造時の冷却工程では、水の循環設備を使用しての冷却の実施。ドレン水(熱交換時に発生する結露)を洗浄水とし使用。 等
  • 環境指標

    水資源の持続的な利用のために、水使用量・取水/排水に関して十分な配慮を行い、事業を推進します。

    • 節水活動・水の再利用や新技術の開発等で水資源の保全に積極的に取り組みます。
    • 法に基づく、適切な排水処理をし、土壌汚染、大気汚染防止に務めます。

    削減目標・実績

    「コーセー サステナビリティ プラン」において、2030年までに生産拠点において水使用量を12%(年率1%・2018年度比・生産原単位)の削減を中長期目標として定めました。2019年度の水使用量原単位の実績は、2018年度基準で▲21.61%でした。
    サステナビリティ関連データ
    サステナビリティプラン 取り組みテーマの中長期目標

    6. 環境マネジメントシステムの推進

    環境指標

    生産部門、SCM部門を中心に、国際規格「ISO14001」に基づく環境マネジメントシステムの推進および徹底を図ります。また、必要に応じてサステナビティ推進委員会への報告・相談を実施し、環境マネジメントシステムの拡充・対応範囲の拡大等を検討し、全社的な強化に結び付けます。
    環境マネジメント

    7. 環境保全への啓発活動の推進

    環境指標

    社内外のステークホルダーに対し、広く環境意識を高める活動の推進を図ります。

    お客さま

    • 「SAVE the BLUE」プロジェクト等を通じた環境保全意識の啓発

    他、ステークホルダー

    • コーセーレポート(統合報告書)、ホームページ等による活動状況報告
    • サプライヤー様への環境保全に関する配慮事項の明示

    社員

    • サステナビリティ推進委員会からの各種発信
    • 社内報での環境活動の啓発
    • 社内インフラへのバナー掲載     等

企業情報一覧

Page Top