MENU

〔従業員とともに〕ニューノーマルに向けた新しいワークスタイル人材育成・キャリア形成

人材育成と活躍できる環境づくり

私たちは、「英知と感性を融合し、独自の美しい価値と文化を創造する」ことを存在理念として掲げています。お客さま一人ひとりの“きれい”の価値を創造し、「世界で存在感のある企業」を目指すためには、世界の変化を先取りして独自の価値を創出し続ける、世界に通用する人材の力が必要です。そのため、中長期的な視点で当社グループの持続的成長を支える、豊かな人間性と創造性を発揮できる人材育成、各種施策に取り組んでいます。

人材育成理念と育成方針

当社では、「コーセーグループ行動指針」の中で、各人の人権と多様な能力・個性・価値観を尊重することを明記しています。それを前提として、下記の「人材育成理念」・「人材育成方針」を定めています。

人材育成理念

コーセーは「豊かな人間性と創造性」を発揮できる社員とともに未来を拓きます。

人材育成方針

  • 一人ひとりの向上心と主体性を尊重し「自ら磨く」を基本とする。
  • 「自ら磨く」人を積極的に支援する職場環境をつくる。
  • 段階に応じて幅広く、そして継続的に「自ら磨く」機会を提供する。
  • 「専門領域」の実践的教育・研修は、各部門で実施する。

人材育成とイノベーションの創出

新人研修では働くことについて一から学びます
コーセーとの共創におけるInnovation Program 2020の披瀝会の様子

コーセーでは、人材育成方針に掲げられた「自ら磨く」を実践するために、理念や目標を共有しながら、一人ひとりの多様性を活かして自ら学び成長する姿勢を重視しています。その支援のため各種研修制度や通信教育補助等を整備しています。入社時から節目節目で定期的に実施する「キャリア考察を含む階層別研修」、役割に応じて実施する「スキル開発のための研修」のほか、各部門の特性に応じた実務研修の機会を設け成長を促しています。その他、化粧品の新しい価値提供の検討と立案を行う組織横断プロジェクト形式の研修なども実施し、ダイバーシティ・インクルージョンによるイノベーションの創出を目指します。

イノベーションを生み出す企業風土の醸成

グローバル化とボーダーレス化が進み、市場環境や顧客ニーズが急速に変化する中においては、企業風土としてダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の浸透と、多様な個性 やバックボーンを持つ人材の育成が必要不可欠です。前例や常識にとらわれない発想とイノベーション志向にあふれ、常に創造指向を持って活躍できる人材の育成を目指しています。2017年度から実施している、イノベーション創出プログラム「Link ※」においては、次世代を担う従業員の熱意やチャレンジ精神をベースに、自社の強みやリソースと、スタートアップ企業の持つ最新技術や斬新なアイデアを組み合わせることや、デザイン思考を用い顧客ニーズを洗い出すことで、これまでにない発想の新たな商品やサービスの創出および事業化に取り組んでいます。 またLinkでは、オンラインツールを用いた研修やグループワークをプログラムに取り入れることで、遠方や海外の参加者ともオンライン上で高頻度・高密度なコミュニケーションを実現し、プログラムの議論をより加速、深化させています。

Link(Leadership and Innovation program for New KOSÉ):2017年に発足した社内ベンチャー制度

人材育成プログラム

教育・研修時間実績:サステナビリティ関連データ

人権に関する教育・啓発とダイバーシティマネジメントの推進

多様性を尊重する職場へ

企業の成長や競争力の源泉となる従業員の成長には、健全な職場環境が大切です。自社では、多様な個性を持つ人材が力を発揮できる職場環境や風土醸成を目指し、人権啓発とダイバーシティマネジメントを推進しています。
コーセー人権方針」や「コーセーグループ行動指針」において、各人の人権を尊重し、差別につながる行為は一切行わないことを定め、職場における認識、理解を促進し、多様性を尊重する健全な職場環境づくりに努めています。
また人権にまつわる社内啓発については、特定部門や、従業員の職位単位でそれぞれにおいて必要と考えられる知識や意識を醸成していくため、多様な形態の啓発活動を行っております。

ダイバーシティ&インクルージョン

ビューティコンサルタントの技術力向上のために

グランプリ(中央)と準グランプリのビューティコンサルタント
EMBコンテストの予選を通過した17名

お客さまと接するビューティコンサルタントは、知識や技術の習得に加え心をこめた対応で、化粧品に更なる価値を付加する大切な役割を担っています。2015年度からは、厚生労働省の認可を得た「メイクレッスン検定」を導入し、ビューティコンサルタントの技術と意識の向上に寄与しています。
ビューティコンサルタントが毎日の店頭活動で身につけた、メイクや接客の技術を総合的に競う場が、1975年にはじまった全国コンテストです。2011年度からは「グローバルEMBコンテスト」として、対象を海外にも拡大。2018年度も、国内外から最終選考まで勝ち残ったメンバー17名が、その技術を競いました。
※2019年度・2020年度・2021年度のコンテストは、新型コロナウイルス感染症予防のため中止となりました。

メイクレッスン検定について

お客さまへのメイクレッスン
実技審査
厚生労働省ホームページ

コーセーでは、お客さまの満足度を向上させるために、ビューティコンサルタントの技能を評価する社内検定制度として厚生労働省に認可された「コーセーメイクレッスン検定」を導入しています。この検定は、ビューティコンサルタントがお客さまに対して、店頭でのアドバイスにとどまらず、お客さまご自身でメイク方法を身につけて頂くことを目的としています。お客さまに化粧品の「正しい使用量・使い方」を習得して頂き、ご自身できれいになれるようお手伝いをすることで、お客さまのビューティコンサルタントへの信頼がより高まり絆が生まれ、会員様の育成にもつながっています。「コーセーメイクレッスン検定」は、2015年度に2級の試験を実施し、2016年度から1級の試験をスタートしました。2級は職務経験4年以上のビューティコンサルタントが有すべき知識と技能を基準としており、筆記試験ではベースメイクの知識やテクニック、美容に関するトレンド情報、接客・応対・美容・皮膚の知識が問われます。1級は2級の合格者を対象に、上級のビューティコンサルタントが有すべき知識や技能として、ポイントメイクの知識、カラーの知識等も求められます。また、実技試験では「メイクレッスン」として、お客さまにメイク方法を教える技能(お客さまの顔半分のメイクをビューティコンサルタント役が実施し、もう半分をお客さま役に実施させる)を評価します。

「コーセーメイクレッスン検定」を通じ、ビューティコンサルタントの知識と技術を測り、制度として運用していくことによりメイク技能の標準化を図るとともに、技術、接客・応対の向上を目指しています。

第8回グローバルEMBコンテストグランプリ受賞

長野支店 太田 美子 Oota Yoshiko  オオタ ヨシコ

お客さま、一人ひとりの気持ちを感じとれるよう、目配りと心配りを意識しています。お客さまに寄り添いながら、ご要望にお応えすることはもちろん、それ以上の感動があってはじめて「楽しい!また来たい」と感じていただけると思います。これからも、一人でも多くのお客さまのキレイを引き出すお手伝いを続けていきます。
BEAUTY ADVISER

企業情報一覧

Page Top