MENU

地域社会とともに

調和と共生を目指して

コーセーグループは、事業を行なう国・地域との調和と共生を重要な課題として捉え、これらの国・地域の持続可能な発展に貢献する上で、現地雇用や現地調達が重要な役割を果たすという考え方(ISO26000等)に賛同しています。当社はこの考え方に基づき、現地雇用・現地調達等の事業活動を通じた経済貢献や社会貢献活動に努めています。
また、産学連携や化粧品を通じた社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。
今後も国・地域で必要とれる企業であり続けるために、活動の場を広げ・質を高め、いち企業市民として持続可能な社会の発展に貢献していきます。

東日本大震災 被災地復興支援

東日本大震災により、被害を受けられた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。コーセーグループは、今後とも被災地の早期の復興を願い、お手伝いを続けてまいります。

大規模災害による被災地の支援等について

スポーツ振興へのさまざまな取り組み

特集2をご覧ください。
特集2 スポーツ振興へのさまざまな取り組み

KOSE SPORTS BEAUTY NEWS

フィギュアスケートやシンクロナイズドスイミングの支援の様子や、選手のインタビューを紹介しているコンテンツ

「KOSÉ SPORTS BEAUTY NEWS」

ビューティー講座の開催

「ツクイサンシャイン町田東館」様の様子

各エリアの営業拠点には、地元の養護・介護施設、各種学校、NOP団体などより、化粧品メーカーならではのビューティー講座(メイクアップ実習・スキンケア実習・身だしなみ講習など)の開催要請が届きます。その中で、可能な限りスケジュール調整を行い、ご要望に応じたビューティー講座を実施しています。参加される方々の笑顔を見ることが、実施する営業拠点メンバーの励みになっています。

ビューティー講座実施件数実績:

サステナビリティ関連データへ

まんが「大研究! 化粧品のちから」の制作に協力

「大研究! 化粧品のちから」

株式会社講談社ビーシーが制作している「まんが 社会見学シリーズ」の制作に協力しました。次世代を担う子供たちに、化粧品の役割や健康な肌の大切さについて楽しく学んでほしいという願いから制作されたもので、全国の小学校と国公立図書館へ無償で配布しました。電子ブックとして、こちらから読むこともできます。

一般の方にもご相談のうえで差し上げております。ご興味をお持ちの方はお問い合わせください。
(コーセー広報室 pr@kose.co.jp まで)

産学連携

ファンデーションによるQOL向上(難病の方の生活をサポート)

皮膚ポルフィリン症とは、日光過敏症の一種の難病です。現在、根本的な治療法は確立されておらず、発症予防のため全身を衣類などで厳重に遮光することが必要です。コーセーでは、この原因物質であるポルフィリン体の作用に対する防御効果の高いファンデーションで試用試験を行った結果、一部の方はファンデーションなどの使用により、屋外での活動範囲が拡大できるようになったことを確認しました。その結果を踏まえ、提携病院の皮膚科医と連携して、2012年から患者さんへの製品の無償提供を行っています。
そして、2015年5月には、日本皮膚科学会総会で、皮膚ポルフィリン症をテーマとしたセミナーを開催しました。皮膚科医による2題の講演では、患者さんの特長や発症を防ぐための遮光方法、日やけ止めやファンデーションによる防御の有効性について発表を行いました。コーセーでは今後も、従来の化粧品の役割の範囲を拡大するため、研究と人材の育成を続け、誰もが健康で幸せな生活が営めるように取り組みます。

ポルフィリン症患者さん支援実績:サステナビリティ関連データへ

企業訪問学習の受け入れ

講師社員の話に聞き入る学生たち

文部科学省が推進する総合的な学習の一環として、修学旅行時に企業訪問を実施する中学・高校が増えてきています。生徒自らが関心のある分野の企業を選び、訪問で学んだことを、後日授業で発表するというもので、当社も多くの職場見学を受け入れています。将来の進路や職業を考える場の提供を通じて、中学・高校生の未来を応援しています。

2020年度は、新型コロナウイルス感染予防のため受け入れ活動は中止しました。

企業訪問学習受入れ実績:サステナビリティ関連データへ

化粧品学(コスメトロジー)の発展に貢献

創立30周年記念式典の様子

公益財団法人コーセーコスメトロジー研究財団は、1990年にコーセーの創業者である小林孝三郎により設立され、2020年に創立30周年を迎えました。当財団は、コスメトロジー(化粧品学)の進歩・発展に寄与し、人々の健康や美容の増進に役立ち、美しく豊かな生活の実現への貢献が期待される研究課題に対して、30年間研究助成による支援を行ってきました。
当財団では、コスメトロジー研究の学術論文による成果公表を奨励し、研究成果の社会還元を促進することを目的とした「コーセーコスメトロジー奨励賞」と、コスメトロジー研究に意欲的に取り組む研究者に向けての助成プログラム「コスメトロジー研究助成」「大学講座研究助成」「国際交流助成」「学術集会支援助成」を表彰し、研究助成を行っています。
コーセーは、財団設立以来継続して活動の支援を行っています。
公益財団法人コスメトロジー研究振興財団

2019年11月に法人名称を公益財団法人コスメトロジー研究振興財団から、公益財団法人 コーセーコスメトロジー研究財団に変更しました。

本財団は内閣府より公益認定を受け、2011年10月に公益財団法人へ移行しました。

財団の事業内容・事業実績

美容専門学校から未来を担う人材を育成

ヘアデザイナーコース
ビューティデザイナーコース

コーセーの創業者である小林孝三郎は、美容の専門家を育てることも重要であると考え、1968年に東京都北区に「コーセー高等美容学校」を設立し、自ら初代校長を務めました。以来、約半世紀にわたって当校から美容を担う人材が多数輩出されてきました。1997年より「東京ヘアメイク専門学校」、2016年度からは「コーセー美容専門学校」に名称を一新しました。「人づくりを大切に」という理念のもと、美容師やヘアメイクアーティスト、ビューティーアドバイザーなど、美を追求するプロとして活躍できる人材育成に取り組んでいます。
コーセー美容専門学校

企業情報一覧

Page Top