MENU

地球環境のために宣伝物・営業・オフィスにおける取り組み

コーセーグループでは、生産部門以外でも環境保全活動に積極的に取り組んでおり、マーケティング部門・営業部門・事務部門などでも活動を展開しています。

化粧品コーナー用のコルトンフィルムに環境配慮素材を採用

雪肌精グローバルコーナー用コルトンフィルム

雪肌精グローバルコーナー用コルトンフィルム素材を従来のプラスチック素材からLIMEX(ライメックス)に変更しました。LIMEXは、炭酸カルシウム など無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合材料。 石灰石を主原料としている為、プラスチックの使用量の削減に貢献することができます。 今後も、他のコルトンフィルムへの拡大を検討していきます。

また、店頭販売台では再生可能な段ボール素材やFSC認証紙等を使用して、環境に配慮した宣伝物の作成に努めています。

FSC認証:森林の管理が環境や地域社会に配慮して適切に行われているかどうかを評価し、認証されたことを証明するもの。

サンプルの輸送箱を廃止

サンプルは輸送箱を止め、簡易包装に

コーセーではお客さまに化粧品が肌に合うかどうか、期待する効果や使用感を持ったものであるかどうかをお試しいただくために、さまざまなサンプルを作っています。従来、このサンプルは20個あるいは50個を一組として、サンプル本体と商品説明用の台紙を紙製の箱に入れて店頭にお届けしていました。これは輸送用が主目的のため、2009年度からビニール袋を利用する簡易包装に切り替えました。この方法で、廃棄ごみの量を約1/5、物流量を約2/3に減量することが可能になりました。

営業車の環境負荷低減

当グループでは、営業担当者が取引先様を訪問するなどの目的で、社用車を使用しています。社用車のCO2排出量削減のために、使用車両自体の削減・ハイブリッド車を含むより環境負荷の低い車種への切り替えや、営業拠点内でのカーシェアリング・社外のカーシェアリングの活用などに積極的に取り組んでいます。

オフィスの省エネ活動

オフィスの照明をLEDに交換

全事業所におけるオフィスで省エネルギー活動を実践するため、空調温度の調節やCool Bizの実施、会議室や給湯室など無人時の消灯、外出時や退社時のパソコン電源のシャットダウンなどを全社で推進しています。
また、全社的にペーパーレス化を推進しており、各種申請&承認や経費精算のシステム化、会議・打ち合わせにはノートパソコンの活用等で、紙資源を削減する取り組みを積極的に行っています。
コーセー本社では、朝、出社した従業員が自分のいるエリアのみを点灯するルールとし、不在時は人感センサーの導入により自動的に消灯するため、消し忘れに効果を発揮しています。また、パソコンについては、10分間動作がないと自動的にディスプレイが消灯するように設定しています。

企業情報一覧

Page Top