MENU

社長メッセージ

化粧品を創り、お届けすることは、
人に自信と勇気を与え、
世の中を明るくすることができる
夢のある仕事です。

「正しきことに従う心」 「最高よりも最良を」  これらは、創業者である故・小林孝三郎の言葉です。
当社が創業期から今日まで企業として成長できた要因の一つは、この言葉のように、真摯に「化粧品」と向き合い、良い商品を提供することでお客さまに心から喜んでいただくため、前例や常識にとらわれず果敢にチャレンジを続けてきたことであると感じています。

化粧品には、人を美しくし、健やかにするという役割や機能があります。
その“美しさ”とは、外見だけではありません。その人自身が持つ内面的な美しさを引き出すことも、化粧品の役割の一つだと考えます。我々の使命は、常に人の“美しさ”とは何かを求め続け、新しいことにチャレンジしていく勇気と行動力を持ち、その“美しさ”のために限りない情熱を注ぐことだと考えています。化粧品づくりは、人に自信と勇気を与え、世の中を明るくすることができる夢のある仕事です。

近年、日本の化粧品が世界のお客さまに高く評価され、当社の化粧品も、多くの地域で愛用いただいています。今後も世界のお客さまに、もっと多様な“美しさ”が叶える感動や幸せを届け、広げていきたいと考えています。商品やサービスを通じた体験価値やQOLの向上はもちろん、モノづくりを担う企業として、原材料の調達から使い終わった容器の行方に至るまで、人と地球の「サステナビリティ」にきちんと配慮していくことも含め、より深く広い視点で本当の「価値」を追求し、社会に提供する企業となることを目指しています。

こうして広く社会に愛され、信頼される企業となるため、志を共有する仲間の力がもっと必要です。年齢や経験を問わず多様な才能が集うことで、前例や常識にとらわれない発想や果敢なチャレンジが、新しいモノやコトを生み出す原動力となるものと期待しています。そのため、社内外の壁を超えたコミュニケーションや、一人ひとりの個性や能力を存分に発揮できる仕組みづくりに取り組んでいます。新たな“美しさ”を生みだし、社会に広げていく楽しさを、ぜひ一緒に味わっていただきたいと思います。

代表取締役社長 小林 一俊

企業情報一覧

Page Top