MENU

ダイバーシティ&インクルージョントップメッセージと推進体制

多様な個性がイノベーションの源泉となり、未来を創る。

コーポレートメッセージ「美しい知恵 人へ、地球へ」にて発信してきたように、私たちのあらゆる事業活動において、お客さまや取引先様、コーセーグループの社員や協業先で働く皆様など、「人」とのつながりは無くてはならないものです。

「人」は、一人として同じではありません。一人ひとりが違う存在であり、ジェンダー、肌の色、社会的・文化的・地理的背景、生活環境、宗教や信条、身体的特徴など、多様なバックボーンが「人」の個性を形づくっています。だからこそ、私たちは異なる個性を認め合い、尊重する活動を推進していきます。異なる個性から生まれる英知と感性が織り重なることで、イノベーティブで全く新しい「美」の価値が生み出され、グローバルにおける多様なお客さまや市場に対する、当社グループ独自の「アダプタビリティ(適応性)」と「サステナビリティ(持続可能性)」のあり方へつながるものと確信しているからです。長年、“ひとりひとりのきれい“を大切にして、美を通じて人々に夢と希望を与えることを使命としてきた私たちにとって、一人ひとりが持つ強みを活かし、誰もが活躍できる社会に向かって取り組みを進めることは、極めて自然であると考えています。

ダイバーシティ&インクルージョンを追求することは、イノベーションの源泉を探求することです。「コーセー サステナビリティ プラン」で目指す、「誰もが自信と活力にあふれ、個性を認め合える社会」と、「誰もが安心して暮らせる、すこやかな地球の未来」を実現するために、ダイバーシティ&インクルージョンを推進し、私たちそれぞれが持つ“美しい知恵”を融合させ、これからも新たな「美」の価値を生み出していくことを目指します。

ダイバーシティ&インクルージョン推進体制

人材は経営の要であることから、従業員の個性を大切にし、人材の育成と働く環境の整備を継続して行ってきました。その姿勢をより明確化し、経営戦略の一環としてダイバーシティ&インクルージョンを推進するために、2017年度より社内横断型の審議委員会を立ち上げ、取り組みテーマのひとつとして多様な従業員の活躍をサポートする各種施策の立案・実行をおこなっています。人材育成を統括する人事部門と相互的に連携し、経営層への定期的な報告・承認を得ながら、全社の取り組みへとひろげています。

企業情報一覧

Page Top