MENU

トップメッセージ

美の創造企業として、
サステナブルな成長と
未来に向けて

コーセーグループは1991年、CIの導入を契機に掲げた存在理念「英知と感性を融合し、独自の美しい価値と文化を創造する」とともに、コーポレートメッセージ「美しい知恵 人へ、地球へ。」を発信しました。この言葉には、「美の創造企業」として、「美」にまつわるあらゆる知恵を出し合い、人々のために、そして大切な地球のために役立てるという強い決意を込めています。
1997年にグループ横断の「地球環境委員会」を組織し、事業活動そのものやそれ以外も含め、「美」を通じた社会・環境への取り組みを進めてきました。2017年には 国連グローバル・コンパクトに署名 、コーセーグループならではのSDGsへの貢献も目指しています。

現在、私たちが叶えたいと願うのは、誰もが自信と活力にあふれ、個性を認め合える社会、そして安心して暮らせる、すこやかな地球の未来です。そのために、私たちの“美しい知恵”を尽くし、貢献したいと考えています。

その実現に向けて、2019年よりサステナビリティ戦略立案の専任組織を設け、大切な人々と地球のため、2030年への目標を掲げる「 コーセー サステナビリティ プラン(PDF)」を2020年4月に発表しました。今後、社会や地球環境の様々な重要課題に対して真摯に向き合い、グループ全体でこのプランを進めていきます。
中長期ビジョン「VISION2026」のもと、事業において世界の“一人ひとりのきれい”を追求し、価値づくりにおいてもサステナビリティの視点を組み込み実践するとともに、大切な人々と地球へ向けた活動を通じて、事業成長と持続可能な社会の実現の両立を目指していきます。

代表取締役社長小林 一俊

企業情報一覧

Page Top