MENU

先輩社員紹介首都圏東支店(専門店) – 2012年入社

多くの方に支えられる、お客さまとの出会いがある

学生時代、サークルやアルバイトを通して化粧品やメイクを身近に感じていた私は、化粧品は人を笑顔にできると信じ、この仕事を選びました。その頃、化粧品業界に抱いていたイメージは「華やかでキラキラと輝いている世界」でした。入社して5年が経った今でも、その「輝き」に変わりはありませんが、実際に働いてみると、その「輝き」に奥深さを実感しています。
現在、都内にある専門店様のカウンターで仕事をしています。業務の中心は接客で、お客さまに「美」をご提供することを一番に考えていますが、もうひとつ大切な仕事があります。それは専門店様の従業員様との連携です。私がコーセーのカウンターを不在にしているとき、専門店様の従業員様が代わって接客をしてくださいます。そんなときに従業員様が困らないように、事前に商品の特徴をご案内しておいたり、お客さまにお声がけしやすいようにサンプルプレゼントのキャンペーンを企画したりと、普段から従業員様にコーセーの商品を販売していただきやすい環境づくりを心がけています。このような従業員様とのコミュニケーションも非常に重要な仕事であり、皆さまの支えがあってこそ、私がお客さまに接客させていただける環境が整っているのだと思います。多くの方に支えていただく中で、出会えたお客さまに心を開いていただけたときは本当に嬉しくなります。

「出会えてよかった」というお客さまの一言が忘れられない

仕事を始めた頃は、お客さまに話しかけるのもとても緊張しました。しかし、お客さまのお話に耳を傾け、お客さまの期待を超えるにはどうしたらよいのか、試行錯誤するうちに、今では私のことを信頼してご来店くださるお客さまが少しずつ増えてきました。「あなたに出会えてよかったわ」というお客さまの言葉を思い出すと、いつも胸が熱くなります。
また、お買い物の予定がないのに、お店の近くまで来たからと私の顔を見に寄ってくださる方もいらっしゃいます。そのようなお客さまのおひとりが、肌あれに悩むご友人を誘って「あのお姉さんのお店に行けば、相談にのってくれるはず!」とご来店くださったことがありました。早速お肌の状態をみて商品をご提案したところ、肌あれがすっかりよくなり、ご友人の方にも頻繁にご来店いただけるようになりました。
私に相談すれば悩みを解決してくれる、と頼りにしていただけることはこの上ない喜びです。この経験で気づいたのは、美容スタッフの仕事はお客さまを輝かせるだけではなく、感謝のお言葉によって自分自身も輝ける仕事だということです。入社前に感じていた「輝き」に、さらなる奥深さを実感する毎日です。

ひとりひとりが自らを磨き、強みを伸ばせる環境

私が成長できた背景には、コーセーの人を育てる文化があります。入社後すぐに実施される1週間の研修では、社会人としての立ち居振る舞いから、美容スタッフとしての知識やマナーをしっかりと学ぶことができます。このときに同期入社の同僚と共に過ごした時間は、今でも私の宝物です。悩むことや壁にぶつかることもありますが、同僚と励まし合える環境があるからこそ、乗り越えることができています。この他にも定期研修が用意されており、常に、新たな知識やスキルを習得していくことができます。
また、さまざまなコンクールやコンテスト、表彰の機会もあり、日々の努力をしっかりと発揮し、また指導いただける環境の中で働くことができます。
美容スタッフの仕事は、お客さまの声を直接聞くことができ、とてもやりがいがあります。これからもお客さまを輝かせながら、自分も輝けることに感謝しつつ、美のプロフェッショナルとしてお客さまと自分自身に向き合っていきます。

就職活動中の学生へのメッセージ

最初は「好きだから」という理由で始めたことでも、壁にぶつかったり悩んだりすると、本当にこの道でよかったのかなと迷うこともあります。そんなときは一度立ち止まって、自分の原点に帰ってみてください。自分は何がしたいのか、何が好きなのか、そして何に喜びを感じるのか。そのように自問自答することで、一歩一歩、自分が望む未来に近づいているのだと思います。

企業情報一覧

Page Top