MENU

先輩社員紹介東京百貨店支店(百貨店) – 2016年入社

学生時代に出会った「コスメデコルテ」。
お客さまからの信頼をより高めていけるよう先輩たちのDNAを受け継いでいきます

毎日笑顔でいたいから 好きなことを仕事にしたい

私は、就職活動をするにあたり、最初は業界・業種を絞らずにさまざまな企業の話を聞きに行き、面接を受けました。実際に働いている人と話をしたり、質問することで、その企業が自分に合っているかどうかを肌で感じながら就職活動を進めました。
化粧品業界のなかでは、「あの『コスメデコルテ』を取り扱っているコーセーを受けよう」と決めていました。なぜなら、大学時代からメイクが好きだった私は、百貨店の化粧品カウンターによく通っていたのですが、数多くあるカウンターの中でも「コスメデコルテ」を前に受ける接客はいつも丁寧で、良い印象を受けていたからです。そのうえ、まだ学生の自分に対しても一人のお客さまとしてしっかり接客してくださったことを、とても嬉しく思っていました。
就職活動中に「コスメデコルテ」のカウンターで就活メイクや就職活動の相談をしたとき、いつも笑顔で元気よく接してくださるこんな美容スタッフになりたい!と、私も理想を描くようになりました。それが美容スタッフ職を目指すきっかけでした。
他業界からの内定もいただきましたが、店頭の美容スタッフ、面接を通して出会った方々からも影響を受け、毎日笑顔でいられる仕事、自分がやりたい仕事、好きなことを仕事にしようと決めコーセーへの入社を決めました。

探究心をもって行動し、納得するまで学び続ける姿勢を

学生の頃、一時的に肌が敏感になったことがありました。そのときに化粧品の成分に興味をもって以来、今でもスキンケアの成分や肌効果については常に勉強しています。 お客さまの肌がよりきれいになるためには、どの商品のどんな点がお客さまの肌に効果的かを理解、納得して購入いただきたい、と考えています。そのため、まずは自分自身が納得できるまで商品について勉強します。
また、スキンケアやメイクのトレンドはお客さまとコミュニケーションをとるうえで重要なポイントですので、月に一度は美容雑誌を購入し、読むように心掛けています。他社の人気商品が気になったときには、実際に店頭カウンターで接客を受けて商品の効果やテクスチャーを体感し、確認するように意識しています。その際に受ける接客も、自分自身にとっては非常に勉強になります。
常に“探究心”をもって行動することで、学びのポイントも増え、お客さまへのアプローチの幅が広がっていると思います。

信頼される「コスメデコルテ」ブランドを築くこと、つなぐこと

店頭でのお客さまとの出会いを通し、たくさんの嬉しい経験をさせていただきました。以前、お客さまの一人が20代前半のお孫さんと一緒にご来店されたことがあります。お話ししていると、そのお孫さんがお肌の乾燥やニキビでお悩みだということが分かりました。肌トラブルを改善し、良いコンディションを保つためには、まずお肌の土台をしっかりと整えることが大切です。そこで、保湿美容液である「コスメデコルテ」の「モイスチュアリポソーム」をご紹介し、3日間分のサンプルをお渡ししました。
効果を肌で実感してくださったとのことで、後日、そのお孫さんがご自身で商品を買いに店頭へ来てくださいました。「また来てくださった」ことがとても嬉しく、信頼していただける商品・ブランドを、自信をもってご紹介できたことに誇りを感じました。このような経験ができたのは、これまでお客さまと「コスメデコルテ」の信頼関係を築き上げてきた、先輩方の日々の店頭活動の賜物だと改めて実感しました。
私は現在入社2年目に入り、後輩もできました。後輩がだんだんと自信をもって接客できるようになっていく姿を見ると、私もやりがいを感じます。一人でも多くのお客さまに笑顔になっていただくために、先輩方のDNAをしっかりと受け継いで、後輩へと伝えていきたいです。

就職活動中の学生へのメッセージ

お客さまから「また来るね」「あなたのおすすめは何?」と相談に来ていただけることはとても嬉しく、信頼されているという実感とともに美容スタッフとしてのやりがいを感じています。就職活動では、自分の足で売り場を見に行き、実際に接客を受けて、目指したい理想像を見つけることができました。その経験と探究心は美容スタッフになってからも活きています。みなさんも、ぜひ納得いくまでやりたいこと、なりたい自分を探求して就職活動をがんばってください。

企業情報一覧

Page Top