30代ならではのスキンケアとは?
おすすめのスキンケア方法をご紹介!

メインビジュアル

30代になると、今まで好きだったものが変わってきたりしませんか?好みが変化すれば、目指したい肌も変化するはずです。歳を重ねるということを意識するようになり、肌も老化のサインを出してくるでしょう。30代ならではのスキンケアを学んで、10年後もきれいな肌をめざしましょう!

30代のお肌について

20代はホルモンの分泌が活発なので、肌のキメに弾力があり、細かく整って透明感が出ます。しかし、年齢を重ねるごとにだんだんとキメはあらくなり、乱れが出てくるように。ツヤが出にくくなったり、ツヤの質も変わります。乾燥や摩擦、紫外線、過剰な皮脂、ターンオーバーの乱れ、あるいは必要以上のクレンジングやピーリングが原因となりお肌の変化を実感することでしょう。
20代後半は肌の水分量が減っていくことで、オイリー肌と乾燥肌の両方の症状が出てきます。そして30代の肌へと変化していきます。季節ごとに見直すべきスキンケアを、季節どころか何年も同じケアをしている方がいらっしゃるようでしたら、すぐに今の肌に合ったスキンケアとエイジングケアをスタートさせましょう。30代のスキンケアを見直せば10年後、40代になったときの肌の状態は確実に変わってきますよ。

30代に多いお肌の悩み別スキンケア方法

30代前半ではオイリー肌と乾燥肌という、スキンケアの難しそうな肌に悩んだり、日々のストレスで肌が荒れたりします。疲れを感じやすくなり、身体だけではなく肌にも疲れが出ることを自覚するように。クマやくすみ、顔色の悪さを実感される方も多いでしょう。

30代後半には少しずつエイジング肌へと変化し、「口角の下がり」「毛穴のたるみ」「おでこの横ジワ」「目の下のたるみ」「ほうれい線」「唇の縦ジワ」などが気になってしまうこともあります。 20代後半で迎えるのが「お肌の曲がり角」。そして「第二のお肌の曲がり角」を迎えるのが、35歳と言えるでしょう。大きなパーツほど老化が目立ちやすく、肌全体が老けた印象になってしまうので、なるべく早くからケアを始めましょう。

主な悩み一覧とスキンケア&おすすめの成分

主な悩み一覧とスキンケア&おすすめの成分

【乾燥】

まず、普段使っている化粧品の使用量を増やしてみましょう。化粧水、美容液、乳液・クリームをたっぷりと塗ります。ティッシュで押さえて油分がティッシュにつく量が目安です。洗顔料は刺激のない優しいクレンジングに替えましょう。潤いが適度に残るクリームやミルクタイプがおすすめです。

【シワ】

・小ジワ

水分不足となった角層の容積がしぼんでしまい、その部分が余ってシワが寄ることで起こります。乾燥が原因なので、朝晩のスキンケアをしっかりおこなえば徐々に改善されます。プラスしたいのは保湿成分と油分が配合されたアイクリーム。口元には乳液やクリームを重ね付けしましょう。それでも改善されない場合は「加齢ジワ」の可能性があります。

・加齢ジワ

コラーゲンの減少により目元や頬の皮膚を支えきれなくなってできるのが、目の下のシワやほうれい線です。ピーリングでターンオーバーを促したあとは、アンチエイジング効果の高い抗酸化成分=ビタミンC、レチノールが入った化粧品にシフトしましょう。ビタミンCはコラーゲンの生成に働きかけ、毛穴をひきしめたり保湿力をアップさせてくれます。レチノールはターンオーバーを促進、コラーゲンを増やします。

・表情ジワ

表情筋の収縮によりできる折り目のようなもの。長年蓄積されたものは、残念ながらスキンケアでの改善は困難です。ヒアルロン酸注入やボトックス注射などの美容医療に頼りましょう。

【肝斑】

女性ホルモンや摩擦による炎症が引き起こす、左右対称で広範囲のシミです。出産後にできることも多く、閉経後に自然と治ることも。肌をこすらないことが大切で、マッサージアイテムの使用は厳禁です。抗肌荒れ成分トラネキサム酸の内服でメラニンの生成を抑えることも有効です。薬の内服以外にも、光治療やピーリング、レチノイン酸やハイドロキノンなどの医療用クリームやイオン導入などの治療も。数か月かけてゆっくり薄くしていきます。

【たるみ】

ピーリングをした後、レチノールやコラーゲン入りの化粧品でケアしましょう。ポイントは、「シワ」「ハリ不足」「たるみ」のケアを一緒におこなうこと。コラーゲン入りの化粧品は保湿力が高いので、一時的に肌にハリを出し、シワを定着させない効果もあります。たるみは加齢が大きな原因なので、抗酸化成分ビタミンCやポリフェノール、血行促進効果のあるビタミンEなどを使うとよいでしょう。

30代の肌質別のスキンケア方法

【オイリー肌】

表面のべたつきから、保湿ケアよりも皮脂を取り除くスキンケアをしている方もいるかもしれません。しかし、もしトラブルが出るならインナードライ肌の可能性もあります。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸配合の化粧品でバリア機能を高めましょう。

【敏感肌】

今まで肌トラブルがなかった人でも、30代から崩れることがあります。肌への刺激を与える合成界面活性剤やアルコール、シリコンなどが配合されていないものを選びましょう。

【混合肌】

ホルモンの関係で、ぎると増えてくる混合肌。セラミドやコラーゲンで保湿しつつ、アミノ酸やビタミンCなどが配合されている化粧品でべたつきを改善しましょう。

30代のスキンケアのコツと注意点

30代のスキンケアのコツと注意点

・マッサージやパックなどをプラス

顔はたるむと下へ下へと伸びます。そして丸みがなくなると縦のラインが目立ってきます。また、眉の間や唇、ほうれい線などの縦ジワは、横ジワよりずっと老けた印象を作ります。この「縦」が関わる悩みはマッサージやパックでケアしましょう。
スキンケアはデコルテまでが顔だと意識し、マッサージで老廃物を流したら、顔から首、デコルテまで同じ化粧品を塗り、手に残った分は肘へ。パックで毛穴を引きしめれば、たるみに効果的です。

・脂取り紙を極力使わない

毎日のケアでついつい使ってしまう脂取り紙。肌がゆらぎやすい30代は乾燥肌だと思っていても、実は肌の内部が乾燥しているインナードライ肌である場合があります。肌の表面は潤っているように見えるもの。まずは肌の状態をきちんと確認してみましょう。状態によっては脂取り紙ではなくティッシュを使う方が良い場合もあります。

 

・「とにかく保湿が大切です」

肌にはもともと潤いを保つ三大要素を持っています。しかし、洗顔などで肌がもっている皮脂や保湿因子は流れ出てしまいます。これをほっておくと肌トラブルを誘発することに。肌が変化していく30代は保湿命です。肌そのものが持っている水分と、それをとどめる油分をしっかり与えましょう。

まとめ

同じ30代でも前半と後半の肌状態は大きく異なります。そのときのお肌の状態にあったスキンケアで、40代になってもきれいなお肌を保ちましょう。

関連コンテンツもチェック!

お友達にシェア