イタい「若づくり」に見えない素敵ロングヘアのコツ

40代、50代と年齢を重ねるにつれて髪のハリつやが少なくなったり、白髪も気になり始めたりして、『年齢的にショートカットにした方がよいのかしら?』なんて疑問と不安をお持ちの方って結構多いんです。

アラフォー、アラフィフ世代にオススメのロングヘアは、髪質を綺麗にみせるカラー選びやスタイリング剤の選び方、パーマでつくるカール感、毛束感など、ポイントをおさえることで「大人キレイなヘルシーロング」になりますよ!

輪郭をすっきり見せる効果も!
「トップふんわりひし形シルエット」

年相応の落ち着いた印象にしたほうが良いのかしら…なんて気持ちから安易にワンレン重めにしてしまうのはNG。

トップにレイヤーを入れ根元からふんわり。頭の形を美しく見せ輪郭カバーも期待できる「ひし形シルエット」がおすすめです。顔のラインをはっきり出すのにはちょっと抵抗がある…という方も大丈夫。顔まわりにレイヤーを入れることによって輪郭を包み込んでくれるので、顔のたるみや丸みなど、気になる部分をうまく隠してくれます。

また、前髪は長めにキープするのがポイント。短い前髪は若い印象を演出する効果がありますが、ある程度の年齢になると“若づくり”に見えてしまうことも。年齢に合った上品なスタイルを目指しましょう。

髪質の変化にも対応のデジタルパーマがおすすめ

年齢を重ねるごとにでてくる髪質の変化。ハリコシがなくなってきたり、パサつきやうねりが出やすくなった髪には、髪質改善のデジタルパーマ が効果的。自然体でいられるカール感、束感で簡単スタイリングと大人な小慣れ感を手に入れましょう。

カラー選びは赤みを抑えて透明感を

アラフォー・アラフィフ世代のカラーのお悩みで多いのが「根元の白髪」「色落ちしてきた時に傷んで見える」ということ。つやのないパサついた髪は実年齢より老けて見える原因にもなりかねないので、カラー選びは大変重要です!ただ単に根元が染まれば良いわ…ではなく、2ヶ月後、3ヶ月後の髪の状態を計算して色を選んでいきましょう。

ナチュラルなベージュ系でツヤ感をアップ。また、髪の黄ばみを抑える効果のある「ラベンダー系」もオススメです。ここで一番大事なのが根元、中間、毛先とそれぞれ違った明るさのカラー剤を使い分けること。そうすることで自然なグラデーションに仕上がり、その日の仕上がりも髪が伸びてきた2ヶ月後も自然で清潔感のある印象に。ぜひ担当の美容師さんに相談しながら、お悩み解消できるカラーリングを探してくださいね。

スタイリング剤選びはツヤ感を重視して!

せっかくキレイにパーマをかけてもスタイリングがイマイチだとただパサパサした印象になってしまって残念な結果に…そんな残念スタイリングを防ぐスタイリング剤選びのポイントはツヤ感のある「セミウェット」な質感のものを使うこと。ジュレタイプのものや、それがなければソフトワックスとオイルトリートメント を1:2くらいの割合でミックスして使うのもオススメですよ。

アラフォー、アラフィフになってもロングヘアを諦める必要はありません。少しポイントを抑えれば、上品で大人の魅力たっぷりのスタイルをつくれますよ!

関連コンテンツもチェック!

お友達にシェア