Lip

マイレッド ルージュ(12色)

透ける発色で肌になじむ、12色の赤いルージュ。

透ける発色で肌になじむ、12色の赤いルージュ。

マイレッド ルージュ

Online Shop

COLOR

透ける美発色タイプ

  • 01SUMMER
  • 02SPRINGAUTUMN
  • 03WINTER
  • 04WINTER
  • 05AUTUMN
  • 06SPRINGAUTUMN
  • 07SUMMER
  • 08SPRING

シアーなティントタイプ

  • 101WINTERSUMMER
  • 102SUMMER
  • 103SPRING
  • 104SUMMERWINTER

商品特長

  • とろけるようにフィットし、みずみずしいツヤをあたえるリップカラーです。
    なじみよく、自分に似合うレッドカラーが必ず見つかります。
    透ける美発色タイプ(01~08):透明感のある発色で、自然に唇を美しく彩ります。
    シアーなティントタイプ(101 ~ 104):唇を染めあげ、ピュアな発色がつづきます。
  • ピュアレッド成分配合。透明度が高く、自然な赤い光を放つパールが、ナチュラルに血色感をアップさせます。
  • 美容液成分配合。乾燥した唇にもうるおいをあたえ、あれ・カサつきをケアします。
  • 無香料

美容液成分

  • ローズヒップオイル・スクワラン(保湿)

あなたに似合うマイレッド ルージュは?

パソカラであなたのタイプをCHECK!
スマホから顔写真をアップして数秒待つだけ!
AIがあなたのパーソナルカラーを客観的に診断します。
※診断はスマートフォンからお楽しみください。

スマホで見つけて。似合う色。パソカラ Visee AI Personal Color Finder

詳しい使い方は動画をチェック!

HOW TO MAKEUP!

5mmくらいくり出して、お使いください。

5mmくらいくり出して、お使いください。

パーソナルカラー診断でわかる!あなたに似合うマイレッド ルージュは?

パーソナルカラー診断って?

「自分に似合う色がわからない」「トレンド色だから買ってみたけどイマイチ自分にはしっくりこない」「メイク上手になって垢抜けたい」etc…そんなお悩みを抱える女性たちの間で、今大注目されているのが、“パーソナルカラー診断”

パーソナルカラーとは、一人ひとりの肌や髪・瞳の色などの色調に最も調和し、自然に魅力を引き立ててくれる色のこと。パーソナルカラーのタイプは、色相・明度・彩度といった色の性質によって Spring / Summer / Autumn / Winter の4つのグループに分かれます。
メイクにパーソナルカラーを取り入れることは、自然なのに圧倒的に可愛く見える“秘密の垢抜けテクニック”

パソカラであなたのタイプをCHECK

パソカラなら顔写真をアップして数秒待つだけ!AIがあなたのパーソナルカラーを客観的に診断します。
詳しい使い方は動画をチェック!

診断はこちら

よくあるご質問

  • Q. パーソナルカラーのイエベ・ブルベは何を表している?
  • A. イエベとは、イエローベースの略で、黄みを含む色のグループのこと。ブルベとは、ブルーベースの略で、青みを含む色のグループのこと。イエローベースにはスプリングとオータム、ブルーベースにはサマーとウィンターがあります。
  • Q. 黄み肌でもパーソナルカラーがブルーベースの場合がある?
  • A. 黄みを帯びた肌だからといって、一概にイエローベースタイプとは言い切れません。黄みのあるカラーを足して血色感が増して綺麗に見える方もいれば、逆に黄みが強くお顔に反射し過ぎてしまいくすんで見えてしまう方も。その場合は、ブルーベースのカラーで顔の黄みを適度に抑え補正する方が良いと言えます。
  • Q. パーソナルカラーは一生変わらない?
  • A. 人の肌色は、加齢や日焼けなど様々な要因で変化します。そのため、その時の肌色に映える色は微妙に変わることが考えられ、パーソナルカラータイプの中でもより似合う色調(色の明度・彩度等)が変化します。
  • Q. 複数のカラータイプが似合う人は存在する?
  • A. 似合う色が複数のタイプに存在している人は少なくありません。その場合は、該当するカラータイプの共通要素を見つけ、カラーを選んでいただくと色の選択肢が広がります。例えば、スプリングとサマーにまたがる人の場合は、色の明度が高い色のグループ、という共有点がありますので、黄みカラーでも青みカラーでも、色の明るさを意識していただくと馴染みやすいです。
  • Q. 使いたい色が似合う色と違ったら?
  • A. 好きな色と似合う色が違っても大丈夫!似合わせのコツはちゃんとあります。例えば、自分の得意なカラーの上に苦手カラーを重ねて馴染ませたり、苦手カラーを乗せる範囲を狭くしてポイント使いしたりすることで、苦手カラーも十分楽しむことができますよ。

PAGE TOP