2020.06.26

目指せ、“透明美肌”! ピュアなオーラを放つ雪肌は、毎日の小さな美肌習慣で手に入れよう

透明美肌の女性

なめらかで透明感の高い、雪のように美しい肌——。
女性なら誰もが一度は憧れますよね。
シミや毛穴、くすみのない、肌あれ知らずの美肌を手に入れるには、お肌のお手入れはもちろん、毎日の習慣が大切です。今回は、「生活習慣」「体内からのケア」「スキンケア」の3つをポイントに、今日から始められるちょっとした心がけをご紹介します。

Index

  1. まずはあなたの美肌度をチェック! 健やかな肌への第一歩は、現状を知ることから

  2. 1年中つきまとう肌トラブルと、その原因は? 代表的な3つのお悩み

  3. 今日からできる美肌習慣。これであなたも透明・健やか美肌を手に入れよう!

  1. まずはあなたの美肌度をチェック!
    健やかな肌への第一歩は、現状を知ることから

    肌状態には、普段の生活習慣が大きく影響します。
    毎日なんの気なしにやっていることが、実は美肌を遠ざけていたなんてことも……。
    まずはあなたの「美肌度」をチェックしてみましょう。


    美肌度チェック

    • □ 夜ふかしすることが多く生活のリズムが乱れがち
    • □ まわりから「ストレスを溜めこむタイプ」と言われる
    • □ コーヒーや緑茶、冷たい飲み物が好き
    • □ ダイエットのためにも食事は野菜ばかりで、炭水化物を抜くことが多い
    • □ 日焼け止めは、紫外線が強い季節にしか塗らない
    • □ しっかりと汚れを落とすために肌をゴシゴシ洗っている

    当てはまる項目が多いほど「美肌度」は低め。毎日の習慣を見直す必要がありそうです。

  2. 1年中つきまとう肌トラブルと、その原因は?
    代表的な3つのお悩み

    肌状態は、季節や生活環境の変化、日々のストレスなど、さまざまな原因によってゆらいでしまうもの。1年中、何かしら悩みを抱えているという人も多いのではないでしょうか? ここでは、代表的な肌の悩みとその原因を見ていきましょう。

    美肌を遠ざける肌 トラブル1 : 乾燥

    肌が乾燥状態に陥ると、キメの乱れやハリ不足だけでなく、ニキビや乾燥ぐすみなどあらゆる肌トラブルにつながります。その原因には、過度の洗顔によって必要な油分が洗い流されてしまうことのほか、紫外線や加齢の影響で皮膚のターンオーバーが乱れたり、水分量が減少したり、といったことがあげられます。

    美肌を遠ざける肌 トラブル2 : 毛穴

    毛穴の黒ずみや開きなどは、主に皮脂の過剰分泌や肌のハリ・弾力の低下によるものです。ホルモンバランスや食生活の乱れ、ストレスなどの影響で皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が開いて目立つように。さらに皮脂や汚れが詰まり、空気や紫外線に触れて酸化すると黒ずみになってしまいます。また、肌のハリや弾力が低下して皮膚がたるむと、毛穴が広がって見えてしまう原因に。

    美肌を遠ざける肌 トラブル3 : くすみ

    くすみは、肌の黄味が増し、ツヤや透明感が失われることで、顔全体を暗い印象にしてしまいます。加齢や乾燥の影響で肌のキメが乱れたり、ターンオーバーが遅くなり、古い角質が積み重なったりすることが主な原因です。そのほかにも、疲労や睡眠不足で起こる血行不良や、肌の摩擦などによる色素沈着も、くすみの原因につながります。

  3. 今日からできる美習慣。
    これであなたも透明・健やか美肌を手に入れよう!

    もう肌トラブルに悩まされたくない……!美肌のために今日からできる習慣を「生活習慣」「体内からのケア」「スキンケア」の3つのポイントから、ご紹介します。

    (1) 生活習慣

    良質な睡眠と適度な運動を

    良質な睡眠は美肌への近道と言われています。そのカギとなるのが、新陳代謝を促し、肌のダメージを修復する成長ホルモン。特に分泌が活発になるのが睡眠直後、約3時間の深い眠りの間です。午後10時から午前2時は肌のゴールデンタイムと言われていますが、大切なのはしっかりと熟睡すること。そのためにも寝る前のスマホは禁物。ブルーライトの影響で寝つきが悪くなったり、睡眠の質が低下したりします。また、腹筋運動やスクワットといった筋力トレーニングも成長ホルモンの分泌を促してくれます。適度な運動は血行促進やリラックス効果も高いので、日頃から体を動かすように心がけましょう。

    (2) 体内からのケア

    バランスの良い食事を前提に、ビタミンやタンパク質を意識!

    美肌のためにはさまざまな栄養素をバランスよくとることが大切です。特に注目したいのは、抗酸化作用があり、肌や粘膜を正常に保つ「ビタミンA」、メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの育成を助ける「ビタミンC」、体のあらゆる細胞を作り、肌のベースとなる「タンパク質」。毎日の食事に積極的に取り入れるようにしましょう。

    • ・ 肌や粘膜を健康に保つ ビタミンA → レバー、うなぎ、バター、チーズ、卵、緑黄色野菜などに豊富
    • ・ 美白や肌のハリ・ツヤに効果的 ビタミンC → イチゴ、パプリカやピーマン、ブロッコリーなどに豊富
    • ・ ベースを整え健やかな肌に導く タンパク質 → 肉、魚、卵、大豆製品、乳製品に豊富

    カフェインは控えめに、温かい飲み物を

    コーヒーや緑茶に多く含まれるカフェインは神経を興奮させて睡眠の質を低下させるだけでなく、血管収縮作用があるため冷えの原因にも。コーヒーは1日に2杯までを目安に、就寝前は避けるようにしましょう。また冷たい飲み物は、体を冷やし代謝を悪くします。美肌のためには日頃から温かい飲み物を摂るようにしてください。カフェインを含まないハーブティーなどがオススメです。

    (3) スキンケア

    1年中、日焼け止めを使って紫外線対策を

    紫外線によるダメージは、肌あれや乾燥、シミや乾燥ぐすみなどさまざまな肌トラブルの原因につながります。紫外線量は4月〜9月に多くなりますが、1年中降り注いでいます。また曇りの日も油断は禁物。季節や天気を問わず、日焼け止めを塗って紫外線をガードするようにしましょう。


    洗顔はぬるま湯で優しく

    熱いお湯で洗顔すると、肌に必要な油分やうるおいまで洗い流してしまいます。また、汚れが気になるからといってこすりすぎると、肌の摩擦による色素沈着を招く原因に。32〜34℃の少し冷たく感じるくらいのぬるま湯で、泡を転がすように優しく洗い上げるのがポイントです。洗顔後は乾燥しやすいので、すぐに化粧水などでうるおいを補うようにしましょう。

Share

  • Twitter
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

Check itおすすめ商品

雪肌精のスキンケアで、憧れの透明美肌を手に入れて!

悩みのない美肌を手に入れるためには、丁寧なケアを続けることが何より肝心! 雪肌精の人気アイテム「薬用 雪肌精」「雪肌精 ハーバル ジェル」は、しっとりうるおうのにベタつかず、毎日使える心地よさ。きめ細やかな美肌をつくるための、とっておきのアイテムです。

  • 薬用 雪肌精の商品画像

    化粧水

    薬用 雪肌精 医薬部外品

    みずみずしくさわやかな感触で、毎日たっぷり使える化粧水。雪が溶けるようにスーッとなじみ、肌のすみずみまでうるおいで満たします。ハトムギやトウキなど約100種から厳選した和漢植物エキスを配合。肌あれを防ぎ、キメの整った透明感あふれる肌へ導きます

    詳しく見る
  • 雪肌精 ハーバルジェルの商品画像

    多機能ジェル

    雪肌精 ハーバルジェル

    1品で乳液・美容液・クリーム・マッサージ・マスクの効果を得られる多機能ジェル。みずみずしいジェルが角層の奥までとろけるように入り込み、乾燥によるキメの乱れや、くすみ、肌あれを解消し、ハリとツヤを与えます。化粧水の後、これ1本で「もちもち肌」に。

    詳しく見る

A Little More 冷やし雪肌精で、ひんやり気持ちいい夏肌ケア

紫外線や汗、冷房など、夏の肌には大敵がいっぱい。ダメージを受けた夏肌にぜひオススメしたいのが、「冷やし雪肌精」。雪肌精の化粧水やジェルを冷蔵庫で冷やして使うと日焼けによるほてりを防ぎ、肌がキュッと引き締まるような心地よさ♪ 「このひんやり感はクセになる!」と、実践する人が続出中です。

氷で冷やした薬用 雪肌精と雪肌精 ハーバルジェル

Step 1. 化粧水とハーバ ジェルを冷蔵庫で冷やす

水分や異物が混入しないよう、キャップはきちんと閉めてから冷蔵庫へ。

Step 2. 冷たい化粧水をたっぷりつける

化粧水をしみこませるように、手のひらで優しくプレスすると浸透力※1がUP!。

Step 3. ハーバル ジェルを優しくなじませる

スパチュラ1杯分を顔全体にムラなく広げて。気になるところは重ねづけして、肌のうるおいをキープ。特に乾燥やくすみ※2が気になる日は、スパチュラ2杯分をたっぷり乗せた「睡眠パック」を。

  1. 1 角層まで
  2. 2 乾燥による

SNS公式SNS

雪肌精公式SNSでは
新商品情報やお得な情報を配信中