調査報告2 「アスタキサンチンコスメ」の生みの親は、コーセー

調査報告2 「アスタキサンチンコスメ」の生みの親は、コーセー

調査報告2 「アスタキサンチンコスメ」の生みの親は、コーセー

それはエイジングの大敵!一重項酸素を捕らえることから始まった!

美容ライターナカジー

抗酸化成分の王様、アスタキサンチンコスメの生みの母とお聞きしましたが、なぜ1990年当時、注目されていなかったアスタキサンチンにいち早く目をつけられたんですか?

荒金 久美さん

それは、エイジングの大敵、活性酸素研究がきっかけでした!老化もすべてのこともそうですが、良いものを探すためには根本原因を突きとめるのが大切というのが私の研究ポリシーです。ですから老化の原因物質を色々調べていくうちに、紫外線がもっとも肌に悪いなって。さらに、紫外線の悪さを色々見ていくと、肌内で発生する活性酸素がいちばんの悪因だと気がついたんです。もともと大学の薬学部で、活性酸素の研究をしていたのも役立ちました。

美容ライターナカジー

今では活性酸素が美容の敵というのが知られていますが…。まさに活性酸素研究の先駆けだったんですね。改めて、活性酸素はどんな風に悪いのか教えてください~。

荒金 久美さん

私たちは呼吸によって空気中から酸素を取り入れていますが、紫外線やウイルス、排気ガス、タバコ、ストレスなどのちょっとしたキッカケで活性酸素と呼ばれる状態に変換されることがあり、細胞に攻撃をしてダメージを与えてしまうんです。これを、酸化といいます。肌のエイジングもですが、がんや生活習慣病、老化や認知症など、あらゆる病気の発生に、この酸化が大きく関わっていると言われています。

美容ライターナカジー

(>o<)本当に怖い~~。美容はもちろん、健康にも良くないんですもんね~。

荒金 久美さん

そうですね。中でも肌に対しては、いろいろな種類の活性酸素がありますが、紫外線といちばん関係が深そうな一重項酸素が悪いんじゃないかなという結論にたどりつきました。シワになっている肌内(左上のイラスト)を見てみると、コラーゲン同士が変に結びついて絡まっているような状態になっていますよね。シワやたるみを引き起こす変なコラーゲンの結びつきは、他の活性酸素とは明らかに挙動が違う、紫外線によって発生した一重項酸素が原因で起こっているんじゃないかって。でも、この証拠を掴むのが大変でした!!

活性酸素によるシワ形成メカニズム

一重項酸素を図る夢の検出器

荒金さんが活性酸素についてまとめた論文

美容ライターナカジー

何でですか?

荒金 久美さん

一重項酸素は発生してから、100万分の1秒(1マイクロセカンド)という短い時間で消えてしまうからです。

美容ライターナカジー

その存在を捕まえるのが困難なんですね。

荒金 久美さん

でも、寿命が短いにも関わらず、皮膚に与えるダメージは非常に強い!そこで、郵政省(当時)の通信総合研究所、東大の薬学部とコーセーの三社で、手作りで一重項酸素を検出する検出器を作ることから始めたんです

美容ライターナカジー

測定するために、検出器を作ることから…。気が遠くなりました。でも、なぜ郵政省?

熱いコーセー魂がここにも!!

荒金 久美さん

郵政省が開発した月に水があるかを調べる機器にメカニズムが似ているということから、それをアレンジしてみようって。

美容ライターナカジー

なんだか、夢がありますね★★ でも、高そう!

荒金 久美さん

当時、高級マンションが買えるくらいの価格ですね(笑)。紫外線の代わりにレーザーを当てた際に、ごくごくわずかな目に見えない光が出るんですよ。それを集めて検出するような機械を作り、ついに紫外線によって一重項酸素が発生し、肌に悪影響を与えていたことを実証できました。1993年の薬学会で一重項酸素と老化の関係を発表した際には、大反響でしたね。それから、ぜひ検出器で測らせて欲しいっていろんな企業が殺到したんですよ(笑)。

美容ライターナカジー

すごい! 世の中のエイジングへの常識を塗り替えた瞬間だったんですね。

美容の世紀の新発見!

荒金 久美さん

そうですね、長い研究が実を結び、嬉しかったですね。そうして、この一重項酸素による酸化を抑制できるものは何かということで注目したのが、アスタキサンチンだったんです。

一重項酸素を抑制する、抗酸化成分の王様、アスタキサンチン!

美容ライターナカジー

今度は、コラーゲンに大ダメージを与える一重項酸素を消去する成分をいちから見つける旅に出たんですね。

荒金 久美さん

はい!でも、ビタミンEやビタミンC、コエンザイムQ10など、活性酸素を抑えるものはあるんですが、この一重項酸素を抑える成分はほとんどなかったんですよ。

美容ライターナカジー

無限の成分の中からスクリーニングしたんですね。これも気が遠くなる~。

荒金 久美さん

そう!そうして人参などに入っている赤い成分、カロテノイド類が比較的消去力が強いということがわかったんです。その中でいちばん高かったのが、アスタキサンチン!

美容ライターナカジー

左の表を見ると一目瞭然!

荒金 久美さん

でも、ここでまた問題がありました。構造的に酸素とくっつきやすく、一重項酸素を閉じ込めて働かないようにしてくれるんですが、変わりに自分はその犠牲となってすぐ消えてしまうんです。つまり安定性が悪く、抗酸化力がなくなるということ!

美容ライターナカジー

よく緑黄色野菜は熱をかけて料理すると良い働きが消えちゃうと言われますが、なんだか似てますね~。

荒金 久美さん

そうですね(笑)。でも日常に使う化粧品ですから、空気はもちろん手で触れても、室温に3年以上置いておいても安定しないといけない。四苦八苦した結果、コーセー独自の技術によってアスタキサンチンの安定化に成功したんです!

美容ライターナカジー

ついに抗酸化成分の王様、アスタキサンチン化粧品の登場ですね。パチパチ(≧∇≦)/

赤は効果の証なんだ~

荒金 久美さん

発売前は、あんまり赤い化粧品ってなかったから、周囲は売れないんじゃないかって心配の声が多くあがりました。その声が大きくなるほど、自分の中ではきっと良さは伝わるという確信が強くなりました!

美容ライターナカジー

本当にその通り! 夢のエイジングケア化粧品になりましたもんね。

一重項酸素の消去作用の比較

アスタキサンチンの安定化に成功

< 戻る

調査報告1 「アスタキサンチン」のその正体と魅力に接近!

次へ >

調査報告3 「アスタキサンチン」の未来展望へ潜入!その効果は無限大!

美容ライターナカジーがコーセーのお宝テクノロジーを徹底調査!!