5歳~10歳若く見える!?
カギを握る3つの要因

エイジングケアとは年齢に応じたお手入れのことです。

実年齢より若く見える人と、そうでない人。その違いはどこにあるのでしょうか?“若く見える”秘密、こっそりお教えします!

実年齢以上に若々しく見える秘訣。
そのカギを握るのが「顔の印象」!

なかでも印象を左右する最重要パーツは?
また、40~50代女性が
気になっているパーツは…?
大人女性のリアルな
肌事情を探ってみましょう。
Q1「若く見られているはず」
と思う、自慢のパーツは?
と思う、
自慢のパーツは?

全年代において、共通して自慢できるパーツの上位にあるのが「肌」。次いで30代では一番多かった「目元」も、同様に全世代で自慢できるパーツとして挙がりました。

ピンと張った肌やシワのない目元は若々しい印象を与える大事な要素ですよね。ちなみに40~50代に聞いたアンケート結果では、全体の77%の方が「実年齢より若く見えると思う」と回答。年齢があらわれやすい肌&目もとは、皆さんしっかりケアをしているようです。

ただ、20代では3位の「頬」は30代以降になるとランク外に。年齢を重ねるごとに失われる「ハリ」。たるみを加速させないエイジングケアが重要です。

Q2「シワ」や「シミ」が
気になる顔のパーツは?

自慢のパーツに続いて、次は肌悩みの代表格である「シワ」「シミ」について聞いてみました。調査の結果、「シワ・ハリのなさ」を感じるのはどの世代においても「目もと」「口もと」で上位独占!「シミ」に関しては全世代で「頬」が1位を独占する結果となりました。

シワ・ハリの低下、シミは世代を超えて共通するお悩み。目元や口もとの「シワ・ハリのなさ」、頬の「シミ」をケアしていくことが若く見せるためのポイントといえますね。

老けて見える要因は?

肌によって印象年齢がどれくらい変わるか比較してみましょう。アンケート調査の結果、一番多かったのは「5歳若く見える」という回答。次いで多かったのが「10歳以上若く見える」という答えでした!

~“老け顔”の3大要因~

  • 1.フェイスラインのたるみ
  • 2.目尻の小じわ
  • 3.ほうれい線
老けて見える大きな要因は、
目尻の小ジワ・ほうれい線・フェイスラインのたるみ。
『これらの年齢サインに
しっかりアプローチすることで
5~10歳は若く見せることが可能に!』

関連コンテンツもチェック!

お友達にシェア