MENU

先輩社員紹介商品開発部 – 2013年入社

  • 出身学部

    総合政策学部
  • 学生時代に夢中だったこと

    ゼミの活動に夢中でした。まちづくりが専門のゼミだったので、たくさんの地域でコミュニティづくりなど、フィールドワークへ出かけていました。
  • コーセーで好きな商品

    「コスメデコルテ」のラクチュールシリーズです。初担当の商品は「カバリングベースBB N」という化粧下地でした。ふんわりとした気持ちいい塗り心地と、簡単に毛穴レスな肌に仕上がるところが大好きです。
  • 今の仕事について

    「コスメデコルテ」のメイク製品開発を担当しています。新商品のテクスチャー(質感)や色を考え、思い描いた品質の実現を目指してものづくりを行っています。

商品開発に不可欠な「官能評価」を体得するため、1年間、厳しいトレーニングを経験

就職活動でさまざまな企業を訪問する中で、背筋を伸ばしていきいきと仕事をする女性たちの姿がとても眩しく感じられ、いつしか、そんな女性たちを応援する職業に就きたいと思うようになりました。コーセーを志望したのは、実際に女性が活躍しているイメージがあったことと、化粧品がジュエリーやアパレルと同様、女性を輝かせるためには欠かせないアイテムだからです。
現在は夢が叶い、メイクアップ化粧品の商品開発に携わっています。商品開発というものづくりの過程では、試作サンプルの細やかな評価を何度も繰り返しながら、思い描く品質に近づけていくという工程が大変重要です。配属1年目は、「コスメデコルテ」のメイクアップ化粧品を開発する先輩社員のもとで「官能評価」を徹底的に学びました。官能評価とは、人間の視覚、嗅覚、触覚などを研ぎ澄まして製品の品質を評価する検査のことで、ファンデーションの場合、使用感、仕上がり、化粧もちなどを評価します。毎日、先輩の指導を仰ぎながら、さまざまなサンプルを実際に肌に塗って評価しますが、入社当初はまだ経験がなく、明確な評価の基準を持っていなかった私には非常に難しい仕事でした。それから約1年に渡るトレーニングで、化粧品の感触やメイクの仕上がりを表現する用語や、官能評価を体得できるまで徹底的に学びました。毎日、ファンデーションを塗っては落としの繰り返しで、最初の頃はとても苦労しました。しかし、先輩の熱心な指導のおかげで、トレーニングが終わる頃には自立して評価ができるようになり、2年目には、初めて主担当として商品開発を任されました。

ワクワクする一方で、最も緊張する担当製品の発売

初めて開発を担当した商品は、「コスメデコルテ ラクチュールカバリングベースBB N」という化粧下地で、リニューアルを手がけることになりました。すでに市場で人気の高い商品ですから、ほんのわずかでも既存のお客さまの期待を裏切ることがあってはいけません。どのようにブラッシュアップするかを慎重に検討しました。試作段階では、わずかな処方変更でも予想外に感触が変わってしまうので試作回数が増えてしまいます。製品を早く世に出したい気持ちともっと理想に近づけたい気持ちが交錯しましたが、自分の納得がいくまで評価し、処方を決めていきました。最終的に本番の生産ラインで製品テストをした後、OKを出したのですが、そのときは研究所や生産担当の一緒に製品を作ってきたメンバーに対する感謝の気持ちでいっぱいになりました。
担当した製品が発売を迎える瞬間はとてもワクワクする一方で、すごく緊張します。とくに、SNSやコスメサイトはすぐに評価やコメントが飛び交うので非常に不安でしたが、おかげさまで「コスメデコルテ ラクチュールカバリングベースBB N」は発売と同時にご好評をいただくことができ、美容雑誌でトップ3に入るほど高い評価を獲得しました。

各分野のスペシャリストが集まる恵まれた社内環境

コーセーにはさまざまな分野のスペシャリストがおり、私のようにキャリアの浅い社員をサポートしてくれる環境があります。開発担当として「こんな商品をつくりたい」と思ったときに、部署やチームを越えて相談できる先輩がいることはとても恵まれていると、日々実感しています。
今後は、日本国内のお客さまはもちろん、海外のお客さまにも気に入っていただける化粧品をつくっていきたいと思っています。そのためにも、年齢や環境などによる肌悩みなどを継続的に学び、自分の知識やスキルにもっと厚みを加えていきたいです。

ある一日の流れ

9:30 出社。メールチェック、各種メディアのチェック
10:00 サンプル評価、評価資料の作成。開発中の製品は約10アイテム以上あり、サンプルが上がってきた順に評価し、コメントを記入
12:00 昼食
13:00 部内プロジェクト打ち合わせ
15:00 協力会社様とアイライナーの新製品に関するミーティング
17:00 研究所にて、製品研究担当と、品質の方向性について打合せ
19:00 退社

私のオフの過ごし方

友人や同期と食事に行ったり、ジャスダンスやヨガで汗を流しています!

就職活動中の学生へのメッセージ

私は、曖昧だった自分の好きなことが、就職活動のおかげで明確になりました。なぜなら、さまざまな企業や人に会うことで視野が広がり、自分の目標が具体的に絞り込まれていったからです。皆さんもこれだと思えるものに出会えるまで、今のこの時間を有効に使って、目標が見つかる過程を楽しんでほしいと思います。

企業情報一覧

Page Top