MENU

先輩社員紹介人事部 – 2006年入社

  • 出身学部

    商学部
  • 学生時代に夢中だったこと

    とにかく動き回っていました。空き時間は体育館やグラウンドで毎日スポーツ、授業のあとは英会話スクールに通い、専攻だった貿易の知識を深めるためにダブルスクールで通学するなど忙しい日々だったと記憶しています。
  • コーセーで好きな商品

    コスメデコルテ特に最近はAQMWのスキンケアシリーズが好きで愛用しています。出産・育児による肌ダメージにも最適。
  • 今の仕事について

    社会保険業務全般。社員の入退社や異動、産休育休、介護に伴う諸手続きや、給付金関係も担当。また、労働保険料の算出や納付も行っています。

心強いパートナーに支えられた営業時代

入社後、最初の配属は関西、大型スーパー(GMS)を担当する支店でした。まったく馴染みのない大阪という土地で社会人生活をスタートさせることになり、期待と不安を抱えながら支店の門をたたいたのを今でもよく覚えています。
営業職の主な業務は、各店舗の従業員様やビューティコンサルタントの皆と協力して、売上を伸ばすことです。ですので、販売に関わる方の力なくして業務は成り立ちません。
一番キャリアの浅い新人が、どうすればスタッフの皆さんからの協力が得られるか。それにはビューティコンサルタントとの信頼関係を築くことが不可欠です。担当ビューティコンサルタントは30名ほど。コミュニケーションを密に、とにかく傾聴することを心掛けました。こうした交流を通じて、皆さんがそれぞれ強い思いを持って業務に取り組んでいることを知りました。
「○人お客さまを増やしたい」
「○○の商品の愛用者を作るために○○がしたい」
営業としてこのような夢や目標を実現できるようサポートしたいという思いが次第に強くなっていきました。目指す方向性が明確になってからはとにかくがむしゃらに仕事をした記憶しかないのですが、たくさんの感動をもらうことができました。
特に担当したビューティコンサルタントさんが全国表彰や海外研修等に何人も選ばれ、中には常連受賞者にまでなる人が出てきたことは最大の喜びです。
“コーセーの愛用者を増やす”というミッションのもと、二人三脚でともに歩んでいける同志がいたからこそ、思い切り仕事ができたことを今でも本当に感謝しています。

小さくても新たな1歩を踏み出すコーセーで培った仕事へのスタンス

営業職を経験した後、人材公募制度にて人事部を希望し、異動しました。人事部を希望した理由は2点あります。1点は営業をしていたときに多くの方に支えてもらった分、今度は逆に支える側の仕事をしてみたかったため、そしてもう1点は「新しい分野にチャレンジする」ことで成長に繋がると考えたからです。
コーセーにはチャレンジを奨励する風土があり、その分野での経験が浅くても、もちろん若手であってもその姿勢は歓迎されます。
人事部では採用・研修・労務・社会保険など幅広い業務に携わることができましたが、どんな仕事でもゼロベースで改善点を考え、「プラスα」の仕事を生み出す姿勢を大切にしてきました。
私事ですが、つい先日育休から復帰しました。初めは、長期休暇をとることに対する不安もありました。しかし、終えてみると見たことのない世界、新しいコニュニティに足を踏み入れる絶好の機会であり、当社で大切にしている“感性を磨く”期間にもなりました。また、子育てを経験することで以前より行動力がついたことも大きい収穫でした。
現在は産休・育休関係の業務も任せてもらえることになったので、各種制度や運用を勉強しつつも、「プラスα」として、出産・育児経験に基づいた新しい提案ができるよう準備しているところです。今後も留まるのではなく、前に進む姿勢を大事にしていきたいです。

仕事と家庭の両立の課題とは

一番はやはり時間の制約でしょうか。
独身のときは、気持ちも時間も仕事に全力投球できていたものが、家庭、特に子どもがいるとそうはいかなくなります。だからこそ、「限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮するという意識」が必要になってきます。幸い私は、子育て支援制度の恩恵と、上司や同僚のサポートをいただきながら仕事を続けることができています。しかし、それに甘えてばかりでは、本当の意味での両立ではなくなってしまいます。とは言っても、子供の急な発熱を理由に早退したり、体調不良で休暇を取るなど周囲の方の協力を仰がなければいけないケースもでてきてしまいます。そのときのためにも、日ごろから業務の進捗を共有したり、前倒しで仕事を進めておくなどの工夫も必要です。
さらには家庭においてもパートナーの協力を取り付けたり、家事を効率化するなど自分の努力次第でカバーできることもたくさんあると思います。我が家では共働きを念頭において家事時短の実現を日々目指しています。
繰り返しになりますが、子育てをしながら働く社員のための支援制度は当社も十分整っていますし、困ったときは上司や同僚が手を差し伸べてくれる環境もあります。しかし、今後仕事を続けていくにあたって、制度に頼り切るのではなく、サポートしてくれる方々へ感謝し、自身の努力を怠らないことが大切だと考えています。

ある一日の流れ

8:40 出社。メールチェック後、一日の仕事の段取りを決める
9:00 給付金の電子申請や証明書の発行
12:00 昼食。同僚とランチ。唯一の自分の時間です
13:00 各種行政機関に提出する書類を作成。また全国からの問い合わせに対応
15:00 書類作成の合間に、社会保険制度の知識習得や運用づくりの考察にあてる
17:25 退社

私のオフの過ごし方

休日は家族で海や山に行き、自然に触れてリセットしています。
また、気の許す仲間に会っておいしいものを食べたり、話すことでリフレッシュになり、仕事への活力にもなっています。

就職活動中の学生へのメッセージ

ぜひ事前準備を周到に行ってください。就職活動では短い時間の中であなたの魅力を伝えなければなりません。今までの自分を徹底分析して、初めての相手にでもその魅力が「伝わる」話し方ができているかまでチェックすることもポイントです。恥ずかしいかもしれませんが、ご両親や友人など第三者からのアドバイスをもらうことも効果的ではないでしょうか。
限られた時間だからこそ、有効に!効果的に!有意義な期間になることを応援しています。
最後に、たくさんの企業やヒトに会えるこの貴重な機会をぜひ楽しんでください!

企業情報一覧

Page Top