MENU

先輩社員紹介経営企画部 広報室 – 2007年入社

  • 出身学部

    文学部
  • 学生時代に夢中だったこと

    アルバイトに夢中でした。家庭教師や塾講師、カフェスタッフ以外にも、デパートの地下街やアパレルなど、あえてさまざまな業種で働きましたが、どれも今につながる良い経験になりました。
  • コーセーで好きな商品

    「プレディア スパ・エ・メール ファンゴWクレンズ」。メイクや皮脂をしっかり落としながら、後肌はしっとりするので手放せません。専門店の営業職だった当時、強化アイテムとして頑張った商品の一つなので、思い入れも強いです。入社以来、使い続けています。
  • 今の仕事について

    コーセーという「会社」を世の中にアピールする仕事です。新聞・業界紙を中心とした社外への情報発信の他に、社内報の制作など社員に向けても活動しています。

良い会社だと実感しているからこそ、より多くの人に伝えたい

コーセーに入社を決めた理由は、働く社員の雰囲気にありました。内定をもらったとき、まだ他社の最終面接が残っていることを正直に伝えると、「すべての選考が終わって内定が出た会社の中で、働きたいのはコーセーが一番だと思ったら来てくださいね」と言われました。その言葉から、ひとりひとりの考えを受け入れ、尊重してくれる社風を感じました。
就職活動時に肌で感じたプラスのイメージは、入社後も、そして今も変わりません。現在は広報として社内外にコーセーのことを伝えていくのが私のミッションですが、自分が実感しているコーセーの良さを、より多くの人に伝えたい、知ってもらいたいという強い気持ちで仕事をしています。
広報の仕事は多岐に渡りますが、私の担当は、主に新聞社・業界紙を対象とした社外広報や社内報制作などの社内広報、そしてCSR活動を通した企業PRです。広報の役割はコーセーという「企業」をアピールすることです。たとえば、新商品を発売する際、この商品を発表する背景には企業としてどのような考えや姿勢が込められているかを伝えています。商品そのものの宣伝・広告は、コーセーでは宣伝部の役割になります。

社員が「次もがんばろう」と前を向かせるのが広報の仕事

社外広報であれば、商品の企画や開発担当からヒアリングした上で、マスコミ向けリリースを作成するところから始まり、新聞記者さんや業界紙の編集者さんに直接紹介に行き、その後の問い合わせも窓口となって受けています。取材依頼が入れば、取材対象の社員とマスコミとの間に入って日程や場所を調整し、場合によっては原稿のチェックも行います。また、社外向けセミナーを開催するときは、会場の確保や参加者へのお土産の準備、資料作成などを担当します。社内広報のひとつである社内報制作においては、現在リニューアルに向けて動いていることもあり、社内報で何を伝えていくのかというコンセプトづくりから、原稿の執筆、写真撮影、取材の立会い、各部署にいる編集委員との会議の進行運営やその後のやりとりに至るまで、すべてに携わります。
このように挙げていくとキリがありませんが、私はこのような広報の仕事に誇りとやりがいを強く感じています。新商品や取り組みに関して社員が受けた取材記事が世に広がる様子を目のあたりにすると、「携わった人たちも喜ぶだろうな」と自分のことのように嬉しくなります。広報は直接的には商品を開発することも、販売することもありません。そういう意味では、広報の仕事は「裏方」の一面もあるのかもしれません。しかし、私が裏方として動いた結果が記事として世の中に発信され、その記事を目にした社員が「よし、また頑張ろう!」と新たな商品を生み出し、その商品に込められた思いや姿勢を、また私が社内外に発信していく。そんな風に良い循環を作ることが私の仕事です。広報は社外にアピールするとともに、社内を活気づける役割も担っているのです。

営業時代の経験が、今、広報活動に生きている。

入社から今の部署に異動する前までは、営業部門で仕事をしていました。この時の経験は広報での仕事にとても役立っています。営業職を経験し、商品がお客さまの手に届くまでの流れを熟知しているからこそ、新聞記者さんからの問い合わせに対して瞬時に回答できますし、営業職の基本であるメールや電話の即時レスポンスは、今でも体に染み着いています。対マスコミの仕事も、人間と人間の良好な関係性あってこそです。営業職時代、ご販売店様とコミュニケーションを図りながら人間関係を築いた経験が、今に活きています。そして何よりも、第一線で大変な経験を積みながら頑張っている人たちがいる。そのことを、営業職として肌で感じた経験は、「この努力の結晶をたくさんの人に伝えたい」という広報パーソンとしての私にとってぶれない軸を形づくっています。
最近、一番嬉しかったことは、マスコミの方から「コーセーさんはいつも良い雰囲気ですね」と言われたことです。たくさんの企業を知っている記者さんから、このように評価していただけたことで、コーセーの温かな社風は、自然と社外にも伝わっていくのだなと実感しました。そのような会社で働いていることを誇りに思います。困ったときや助けてほしいときに、必ず手を差しのべてくれる人がいる温かさも、コーセーならではの良さのひとつです。
多岐にわたる広報の仕事ですが、どんな分野にも対応できる広報パーソンになるのが今の私の夢です。今後は、会社会計の勉強をしたり、企業としてグローバル化を推進しているため私自身も英語力を強化するなど、夢の実現に向けて歩んでいます。

ある一日の流れ

8:30 出社後新聞各紙チェック
9:30 メールチェック
10:00 課会
12:00 昼食
13:00 社内報の制作会社と打ち合わせ
14:00 新聞社の取材対応
15:00 マスコミへの広報リリース
16:00 企画職と新商品リリースに関する打ち合わせ
17:00 電話・メールでのマスコミ対応、デスクワークなど
19:00 退社

私のオフの過ごし方

ネイル好きが高じて仕事をしながらスクールに通い資格を取得しました。これからもさらに上を目指して頑張ります!

就職活動中の学生へのメッセージ

就職活動は忙しいスケジュールに追われる勝負の時期だと思いますが、息抜きできる時間を見つけて、ぜひいろいろなことにチャレンジしてください。新しい場所や人、新しい価値観に触れた経験は、必ずその後の自分に返ってきます。会社によって社風や社員の雰囲気はまったく異なりますので、できるかぎり直接足を運んで、働く社員の話を聞きながら、自分にぴったりの会社を見つけてください。

企業情報一覧

Page Top