MENU

先輩社員紹介情報統括部 – 2006年中途入社

  • 出身学部

    文学部
  • 学生時代に夢中だったこと

    大学時代は車に夢中になり、さらにはファミレスでのバイトに明け暮れていました。アルバイト先でその頑張りが認められ、気が付いたら発注から棚卸、シフトの調整まであらゆる業務を担当していました。
  • コーセーで好きな商品

    「雪肌精」です。長年にわたり愛されている商品だから。
  • 今の仕事について

    国内の物流システムの開発と海外子会社のシステム導入を担当しています。

ユーザに近いシステム開発の業務。仕事の成果がダイレクトに見えることが魅力

私は、もともと新卒でIT専門企業に就職し、システム開発の業務に携わってきました。しかしIT専門企業では、システム開発が完了すると次のプロジェクトがスタートするというように、最終的にシステム導入の成果を見届けサポートすることが非常に難しい環境でした。コーセーに転職した理由は、ユーザにもっと近い立場でシステム構築に関わり、システム導入による成果を実感したいと思ったからです。
現在、私は物流システムの開発を担当していますが、開発したシステムのユーザはコーセーの社員です。社員の業務を理解するために、現場に入り社員の悩みに寄り添うことをモットーとしています。時には何時間も打ち合わせをすることもあります。今やすべての業務がシステムで動いている時代です。それだけに情報部門が会社全体の業務の流れや課題を最も把握できると考えおり、まさに自社内コンサルティングと言ってもよいでしょう。その課題をシステムで解消できたときには、その成果や社員からの感謝をダイレクトに感じることができます。これがこの仕事の一番の魅力です。

海外子会社のシステム構築を通して、コーセーのグローバル化をサポート

2013年からは海外子会社のシステム構築を担当しています。これまでは海外子会社のシステムは個別に現地で導入していました。それをクラウド環境にシステム統合することにより、本社からも海外の経営状況を把握できるようになり、グローバルでの経営効率化を図ることが可能になります。また、我々の持つ技術を海外子会社に提供することで、IT技術者が不在の現地でも高いレベルのデータ管理を実現できます。
商品はグローバルに流通しています。商品の在庫や出荷状況をリアルタイムに把握するために、グローバルを1つの市場と考え商品を流通させているコーセーにとって、システムは毛細血管のような役割を果たしています。これを常に安定して稼働させることが、我々のミッションです。
一方、海外子会社では市場規模や特性、商習慣や法規制が異なることから、想定外のトラブルが発生することも多く、瞬時の判断力や対応力が求められます。その都度対応が必要になり、大変なことも多いですが、まさにコーセーのグローバル化を主体的に進めている一員として、大きなやりがいを感じています。

すべてのデータ・システムをグローバルにつなげる将来を目指して

私は今後、グローバルでデータおよびシステムをつなげることにより、あらゆるデータを瞬時に把握できる環境を構築したいと考えています。そのデータを自社内の各事業部門が活かすことによって、コーセーが世界で存在感のある企業になる一助となりたいと考えています。
今の世の中、ITが企業を動かしていると言っても過言ではありません。コーセーの情報部門は自由な雰囲気の中、常に活発に議論を重ね、システムのあるべき姿を検討しています。内製化の推進や、最先端の技術習得にも取り組んでおり、常にチャレンジできる環境にあります。新しいことにチャレンジしたい人、会社に貢献している実感を求めている人には最適の職場だと思います。ぜひ我々と一緒にコーセーのグローバル化に貢献しましょう。

ある一日の流れ

10:00 出社 メールチェック
11:00 WEB会議 マレーシア現地スタッフとシステム要件の確認
12:00 昼食
13:00 打ち合わせ チームメンバーとシステム設計書の確認
15:00 個人作業 物流拠点追加に向けたプログラム開発
18:00 打ち合わせ 外部業者と本番リリース準備について進捗確認
19:00 個人作業 テスト計画書の作成、レビュー
20:00 帰宅

私のオフの過ごし方

時間があれば、ジムに行ったり、ジョギングをしたりと身体を動かすように心がけています。座っていることが多い仕事なので、身体を動かすことで気分をリフレッシュしています。

就職活動中の学生へのメッセージ

今の世の中、ITが会社を動かしているといっても過言ではありません。さまざまなデータを収集することで、見えてくる世界がたくさんあります。そのようなシステム構築に携わり、成果を出すまでユーザと一緒に関わることができるのはユーザ企業の情報システム部門ならではの魅力です。ぜひ一緒にチャレンジしましょう。

企業情報一覧

Page Top