MENU

先輩社員紹介首都圏西支店神奈川オフィス

誇りと輝きを兼ね備えた
ビューティコンサルタント育成に向け、
教育・組織運営を担当しています

美容課長

6年間、ビューティコンサルタントとして勤務した後、トレーナー職を経て「美のスペシャリスト」育成を目指し、美容課長として後輩の教育に励んでいます。

会社のサポートと自らの気づきで着実にキャリアアップ

ビューティコンサルタントとして6年間店頭で活動した後、1年半のトレーナー職を経て、現在は首都圏西支店神奈川オフィスの美容課長として勤務しています。支店に所属するビューティコンサルタントへの教育・研修や販売店さま向けのセミナー運営、美容課の組織マネジメントが主な仕事です。

私はもともと人前で話すことが得意ではなく、またリーダーシップを発揮できるようなタイプではありませんでした。しかし美容課長という役割をいただき、たくさんの人の前で話す機会が増えたことで、少しずつ成長している実感があります。コーセーには教育職になるための「インストラクション研修」があり、会社からのサポートも充実しているので、着実にキャリアを積むことができます。

研修をするにあたっては、「実施することが目的ではなく、成果や活動につながることを目的に」ということを常に心がけています。正直なところ、教育職になった当初は研修をすることに満足している時期がありましたが、研修内容が活かされていないと感じる場面が何度かあり、その意識が変わりました。一人ひとりの状況に細やかに目を配りながら、ビューティコンサルタントが生き生きと働ける環境を作るのが、私の責任だと思っています。

「今、必要なことは何か」を考え続け、独自の研修を企画・立案

新製品に関する教育は全社統一の内容で行いますが、それ以外にも「今、神奈川オフィスのビューティコンサルタントにはこれが必要だ」と思う研修を、企画・立案しています。美容課長になって1年半、全体を把握できる立場だからこその気づきを、個々のスキルアップにつなげています。

最近では、入社3〜5年目のビューティコンサルタントを対象に、後輩とのコミュニケーションについて研修を行いました。神奈川オフィスは比較的若いビューティコンサルタントが多いのですが、少しずつ人数が増えて、若い世代が先輩の立場になることも増えてきています。そこで、後輩へのフィードバックや指導方法などを学ぶ内容としました。入社間もないビューティコンサルタントにとって、少し年上の先輩が憧れの存在になれたらいいなという想いも込めました。

また、1年間の教育方針を策定するのも私の役割です。2019年度は、苦手意識を持つ人が多いアイブロウを強化する計画を立てました。この活動を始めて約半年、「お客さまに眉を描いて差し上げたら、喜んでいただけた」「眉は苦手だったけれど、お客さまの眉が描きやすくなった」などの反応が出てきています。教育を担う立場として、とても嬉しい瞬間です。

女性の「美」に寄り添うビューティコンサルタントは誇りある仕事

さまざまなブランドを展開しているコーセーなら、幅広い年代のお客さまと長いお付き合いができるのではないかと考えたことが、私が入社を決めた理由のひとつです。実際、首都圏西支店には40代、50代のビューティコンサルタントも多く、その人柄を信頼して何十年も通ってくださるお客さまがたくさんいらっしゃいます。女性にとって「美」は永遠のテーマであり、キレイになりたい、キレイであり続けたいと願う気持ちは、年齢にかかわらず共通しています。その想いに寄り添い、さまざまなご提案ができるビューティコンサルタントは、とても魅力のある仕事です。コーセーのビューティコンサルタントが輝きながら誇りを持って働けるように、そして、この仕事の魅力がもっと広く世の中に伝わるように……。まずは私が所属する支店で、美のスペシャリストを育成していくことが目下の目標です。

就活生へのメッセージ

コーセーは、頑張っていることを必ず誰かが見てくれている会社です。新しい目標を持たせてくれたり、思い切って挑戦させてくれたりと、自分自身で明確な目標を持てていなくとも、会社とともに成長していくことができます。コーセーのビューティコンサルタントは、売り場作り、商品発注、顧客育成など、多方面の業務を担っています。また昨今、「お客さまが答えを持っている」と言われるように、市場の変化を第一線で察知することができる仕事でもあります。美容に限らず、さまざまな分野への興味を活かせる職場だと思います。

他の先輩社員紹介

企業情報一覧

Page Top