MENU

先輩社員紹介首都圏第二支店(ドラッグストア) – 2015年入社

「メイクをすると気持ちまで明るくなる」。そんなお客さまの笑顔と喜びの声が、この仕事の明日への糧となります。

憧れの販売員さんのようになりたい

就職活動は、美容系の職種に絞って行いました。もともとメイクが好きだったことに加え、高校生の頃にあるビューティコンサルタントさんと出会ったことが、この仕事を目指したきっかけです。その方はとても可愛らしく、柔らかな接客をされていて、「私もあんな風になりたい!」という憧れを抱いていました。ちょうど将来のことを考えていた時期でもあったので、私にとってその出会いはとても大きく、高校卒業後は美容系の専門学校に通い、今に至ります。
いろいろな会社の面接を受けましたが、コーセーの面接官はみなさんとても優しく、また人事部の方も面接の前などに気さくに話しかけてくださったので、この会社なら安心して仕事ができると感じ、コーセーに入社しました。

周囲のサポートがあるから、自分を高めていける

コーセーには、豊富な研修制度があります。まずは入社後すぐに行われる、コーセー王子研修センターでの5泊6日の研修。ここで、接客に関する全体の流れや技術面を徹底的に学ぶことができます。いくら専門学校に通っていたとはいえ、学校で学ぶことと実際のお客さまへの接客には違いがあるはずだと思っていたので、この研修を通して店頭に立つことへの不安を払拭できました。この他にも月に1回、新製品の勉強や技術習得のための研修があり、着実にスキルアップできる環境が整っていています。
また、初めてのお店で指導をしてくださった先輩からも、仕事に対する心がまえや言葉遣いなど、たくさんのことを教わりました。化粧品はきれいになるための商品なので、接客の際の言葉や仕草が乱暴では、お客さまに安心して満足いただくことはできないと思います。最初にこのことに気づかせてもらえたことは、私が仕事をしていく上で大きな財産となりました。
もう一つ、先輩から教えていただき、心がけているのが「常に笑顔でいること」です。ビューティコンサルタントはお客さまに自らお声がけすることも必要ですが、それと同じくらい、お客さまが話しかけやすい雰囲気でいることも大切です。ですからお店では、常に周りから見られていることを意識して仕事をするようにしています。事務作業や清掃中はついつい真剣な表情になりやすいものですが、接客をしていないときでも、柔らかな表情でいられるように心がけています。

内面の美しさも引き出せるビューティコンサルタントの仕事

以前、お顔全体のニキビにお悩みのお客さまがいらっしゃいました。お肌の状態を見させていいただき、雪肌精をご提案したのですが、お客さまとしては長年悩んできたことなので、「これでよくならなかったらどうしよう……」と、少々不安な面持ちで帰られました。その1ヶ月後、再びご来店されたお客さまはニキビが気にならなくなり、さらにご友人から「肌に透明感が出てきれいになったと褒められた」と、とても素敵な笑顔を見せてくださったのです。その笑顔を見て、「この仕事をしていてよかった」と、心から思いました。
外見がきれいになることはもちろん、それによって内面にも前向きな変化をもたらすことができるのがメイクの魅力だと、私は思います。お肌に悩みを抱えていたり、どんなメイクが似合うのか分からないとカウンターにいらっしゃるお客さまに、美容のプロとしてご提案し喜んでいただける、そしてお客さまが自分に自信を持てるようになるお手伝いができるこの仕事に、やりがいを感じています。

就職活動中のみなさまへ

ひとりひとりのお客さまと間近で接しながら、ときにお悩みに寄り添い、ときにメイクの楽しさを感じていただくなど、お客さまのきれいをお手伝いするのがビューティコンサルタントの仕事です。同時に、自分自身も高め、きれいにしていける仕事だと確信しています。コーセーは研修制度がしっかりしていて、未経験でも安心して店頭に立つことができるので、美容系の職種に少しでも興味があれば、ぜひ飛び込んでみてください。

企業情報一覧

Page Top