BEAUTY SPECIALIST

Make-up Artist 石井 勲

人あたりのよいソフトなトークが持ち味のメイクアップアーティスト。
メイクアップブランドのTV-CMやポスター、雑誌広告の撮影現場でメイクディレクション、シーズン毎のメイクアップデザインの提案の他、様々なイベントや美容セミナーの講師も務める。
特に、“落ちないメイク”のエキスパートとして、シンクロナイズドスイミング日本代表のメイク監修やフィギュアスケート選手のメイク指導も行うなど、アスリート達からの信頼は厚い。「東京コレクション」では、メイクアップアーティストとしてバックヤードを担当する他、海外メディアからも多数オファーを受け、その技術は高く評価されている。
就活メイクやフレッシャーズなどの好感度メイクから、アスリートの演技をドラマティックに演出するスポーツビューティメイク、さらにはファッションショーのランウェイを華やかに彩るモードなメイクまで、世代・ジャンルを問わず、女性達の“今”を“最も美しく輝く瞬間”として表現できるスペシャリスト。

MESSAGE

メイクにスパイスを

メイクアップは料理の味付けと同じです。人それぞれ好きな味付けがあると思いますが、どこかにスパイスを効かせると、それが個性の魅力になります。味付けのバリエーションが広がると、メイクももっと楽しくなるはずです。ただ、一番注意しなければならないのは、いきなり濃い味付けをしないこと。料理同様、メイクも付け足すことは簡単ですが、取り除くことは難しいからです。全てのプロセスにおいて、少量づつ、足りなかったら付け足すという意識をもってください。仕上がりの美しさはもちろん、メイクが崩れにくくなりますよ。

TOPICS

JISS国立スポーツ科学センターにてシンクロナイズドスイミング日本代表選手のポスター撮影用メイクアップを行ないました。着用する水着に合わせて色選びを行い、ポイントになるラインの引き具合や色の強さなどの確認を行ったあと、選手一人一人にメイクをしていきました。
公式サイトでも詳細を紹介しています。

北海道真駒内アイスアリーナで行われたNHK国際フィギアスケート大会は、ISUグランプリシリーズの大事な試合としてだけでなく、震災を受けた東北でスケートをする子供達を招待して、元気になってもらうという意義ある大会でした。
エキシビションのメイクルームには国内選手だけでなく、海外の選手もたくさん利用していただきメイクやネイルを楽しんでいただきました。

台湾の台北・台中・高雄各エリアの百貨店で、「エスプリーク」メイクアップショーが開催されました。石井はメインメイクアップアーティストとして参加し、台湾のメイクアップチームと共に「MAKE DRAMATIC"ひと塗りで変わる"」テクニックを披露。多くのマスコミやお客様の注目を集めました。

新横浜スケートセンターにてフィギュアスケートのアイスショー「ドリーム オン アイス2011」が全4公演行なわれました。
世界の舞台で活躍する日本選手のバックステージでは、メイクアップとヘアスタイルをコーセーが全面的にサポートしました。

シンクロナイズドスイミング日本代表の6月中旬からのスペイン遠征に向けて、演目と衣装に合わせたメイクアップを新たにデザインし、直接メイク指導を行ないました。チームでの演技は一体感が重要。メイクアップは遠目から見た時に同じに見えるよう、コーチと共に全員の仕上がりを見て、調整していきます。屋外プールなので、紫外線対策も万全にアドバイスしました。

シンクロナイズドスイミング日本代表チームに恒例のメイクアップ講習会を実施しました。シンクロナイズドスイミングでは、水に濡れてもくずれにくい商品で、衣装とのバランスを考え、表情をはっきりと見せるメイクアップテクニックが必要になります。試合に向けて、演技同様、メイクテクニックも定期的に講習を行い、選手のメイクアップサポートを行なっています。