KOSE SPORTS BEAUTY NEWS FIGURE SKATING KOSÉ SPORTS BEAUTY NEWS FIGURE SKATING

2018.3.1

坂本花織選手へのインタビュー

趣味はお菓子づくり、折り紙、お笑い?

この度は全日本選手権、銀メダルおめでとうございます。
どんなお気持ちですか?
「ありがとうございます。昨日決まったばかりなんですが、LINEが300件届いて。まだ260件ぐらい未読です。嬉しい気持ちがまだ続いています」とこぼれるような“かおちゃんスマイル”で挨拶してくれた坂本選手。
フィギュアをはじめたきっかけがNHK朝の連続テレビ小説というのは本当ですか?
「本当です。4歳のときに「てるてる家族」を見ていて、主人公のお姉さんがやっていたので私もやりたいと言いました」
毎日の練習はどのようなスケジュールでやっているのですか?
「朝練は毎日。そのあと学校に行って、終わったらスケート場が一般営業のときにも滑って、夜の貸切りになってからも滑ります」
まさにスケート漬けの毎日ですね。オフの日は何をしているのですか?息抜きとかしていますか?
「すごく時間があれば、お菓子を作っています。得意なのはガトーショコラで、三原舞依ちゃんに食べてもらって、また作って〜と言われました」
女子力高いですね、他にも折り紙が得意と伺っていますが。
「はい、モノを作るのが好きで、折り紙は2枚半ぐらい使用してランドセルを作ります。小学校に入学する子とかにプレゼントすると喜ばれます」
とても多才ですね。坂本選手は関西のご出身ですが、お笑いとかも好きですか?
「吉本新喜劇好きですよ。“茂造じいさん”とか(笑)」と何を聞いても楽しそうに答えてくれて、周りを明るくするようなハッピーオーラに満ちていました。

衣装も、曲も、自分のセンスは信じません。

今日のメダリスト・オン・アイスで滑る曲は「死の舞踏」ですが、ご自分で選んだ曲ですか?
「いいえ、コーチや振付の先生に決めてもらいます。衣装も自分の意見はほとんど言いません」
はっきりと自己主張されるタイプだと思っていました。
「いえいえ、私が意見したら、逆に変になりそうだから言わないです(笑)」
コーチや振付の先生との強い信頼関係を感じますね。全日本で得点が出たときも、コーチと坂本選手が喜びの中で、一瞬だけ悔しそうにされていたのですが、あのときの心境は?
「全日本のときは中野先生と140点を目指してやろうねと決めていたのですが、ちょっと足りなくて、あ~残念と」
宮原さんを超えられなかったからという訳ではないのですか?
「いえいえ、2位というより、自分の前回の点数を超えたかったのに、できなくて悔しかったんです」
なるほど、それで天を仰いでいたのですね。

試合前に必ずやる、2つのこと。

坂本選手が、試合直前に指をポキポキと鳴らすというのは毎回なのでしょうか?
「ふふふ、実は何かの試合のときに“やってやるぞ~”と思って、気合を入れて指を鳴らしたら会場中に響いたらしいんです(笑)。でも、そのときの成績がよかったので、毎回やろうかなと。名前をコールされているシーンとしているときにやったらすごく響いてしまったので、最近はもうちょっと前のざわついているときにやっています」
他に願掛けしていることはありますか?
「試合の前の日は、お肉を食べるようにしています」
坂本選手のジャンプはとてもパワフルで、そのエネルギーはどこから来るのかなと思っていたのですが、前日の夕飯に秘密があったのですね。
今日のメイクはブラックをメインにした、大人っぽいモードメイクですが、コーセーの化粧品で好きなアイテムはありますか?
「ファシオのマスカラが大好きです。お湯で落とせるタイプが好きですね」
2月の大舞台がいよいよ近づいてきますが、最後にファンの方に一言お願いします。
「緊張しちゃうので、開き直って楽しむように頑張りたいです。10代で出られるのもありがたいですし。元気よく滑るので、応援してください」
常に屈託のない笑顔で受け答えしてくれる坂本選手。憧れている選手は鈴木明子選手で、その表現力に感激していたそう。次の輝かしい氷上では、その大先輩に負けない演技で、日本中を、世界中を魅了して欲しいですね。