KOSE SPORTS BEAUTY NEWS FIGURE SKATING KOSÉ SPORTS BEAUTY NEWS FIGURE SKATING

2018.3.1

紀平梨花選手へのインタビュー

甘いものは…太るので我慢です

全日本3位! おめでとうございます。この1年を振り返ってみてどうですか?
「ありがとうございます。今年は昨年の経験をいろいろと活かせたので、ミスしてボロボロ…みたいな試合がなかったので、良かったです。
全日本はほぼノーミスで出来ました。点数も結構出してもらえてびっくりしましたが、とても嬉しかったです」
練習と学校の両立は大変ですか?
「木曜日以外は毎日午前中に練習がありますね。午後も練習がありますし、フィギュアのための陸上トレーニングとバレエ、そしてダンスもやっています。あと接骨院も通っています。ですので、毎日いろいろと予定が入っていますね。学校は行けるときはちゃんと行きます。もちろん、土日も練習しています(笑)」
1日に何時間ぐらい練習するのですか?
「だいたい氷上は4時間半くらいですね」
じゃあ、友達と遊んだりはできないですよね?
「そうですね、もうずっと遊んでないですね。夏休みも遊びに行けたのは2日間だけでしたし。映画に行ったと思いますけど、もう記憶にないぐらい遊んでないですね」
紀平選手はとてもストイックなスーパー中学生ですね。体重コントロールとかも自主的にやっているのですか?
「はい、体重と体脂肪は定期的に測っていますし、食事には気をつけています。
特にパンケーキとかパフェとか、カロリーの塊みたいなモノはもう何年も食べてないかもしれません。次の日に絶対後悔するので、食べるとしても100kcal以下の何かですね」
その意思の強さ、世の大人たちに分けて欲しいですね。

憧れている選手は浅田真央さんと、宮原知子さん

今回、全日本が3位という好成績でしたし、シニアの世界での活躍も期待できそうですね。
「いえいえ、まだまだ私は経験不足です。もっといろいろと経験して、完璧に、自分は出来る!と自信が持てるようになりたいですね。あと2年ぐらいはかかるのではないかと思います」
すごく冷静で客観的ですね。憧れている選手とかはいるのですか?
「はい、浅田真央さんと、宮原知子さんです」
ジャンプのことも聞いていきたいのですが、トリプルアクセルをやるうえで、心がけていることはありますか?
「うまく飛べたときの感覚というのがありまして。その感覚を絶対に忘れないように毎日の練習で思い出しながら飛んでいます」
紀平選手はピアノも習っていたと聞きましたが、フィギュアに進もうと決めたきっかけなどはあるのですか?
「5歳からフィギュアを始めたのですが、きっかけというよりも、自然とどんどんクラスが上がっていきました。チームに所属して、次は個人レッスンを受けてくださいとか、知らないあいだに(笑)」
天性の才能と、ストイックな努力が実って今の紀平選手が形成されているのですね。

メイクは自分でします

普段、試合のメイクはご自分でされているとのこと。どんなメイクが好きですか?
「色としてはピンクが好きですが、アイシャドウはブラウンが一番好きですね」
今日のメダリスト・オン・アイスでは衣装と合わせて、濃いブルーを効かせたアイメイクをコーセーのメイクルームで行いました。使用アイテムはヴィセとアディクション。
大人っぽいイメージでオーダーしていただきました。曲目もご自分で選ぶタイプですか?
「フリーなどは、振付師のトム・ディクソンさんやジェフリー・バトルさんに提案してもらいますが、今から滑る曲“Symphony”は自分で選びました」
15歳らしいあどけなさと、意思の強さとが共存したしなやかな佇まいの紀平選手。
ファンの皆様に一言お願いします。
「いつも応援ありがとうございます。これからもトリプルアクセルなどいろいろな技に挑戦していきますので、応援宜しくお願いします」
彼女の目覚しい活躍から、目が離せません。2018年も頑張ってください。