KOSE SPORTS BEAUTY NEWS FIGURE SKATING KOSÉ SPORTS BEAUTY NEWS FIGURE SKATING

2017.02.06

平井絵己選手へのインタビュー

フランスでも“自分らしく体調管理”を。

今はフランスを拠点にトレーニングをされているそうですね。
「はい、だいぶフランスでの生活にも慣れてきました。アイスダンスでチームを組んでいるマリオンとはフランス語と英語とのミックスで、変な言語で話しています。でも、基本的な日常会話は、フランス語ですね」とリアルな日常を教えてくださいました。

食事はどうしているのですか?やはりフランスパンが主食になるのですか?
「実は、最初の1〜2年はフランスパンばかり食べてしまい、太ってしまいました。去年に良いトレーナーさんと出逢って、出来るだけ日本食をとるようにアドバイスをもらってからは、とても調子が良いです。スーパーでお醤油も買えますし、お店によってはごま油とかお好み焼きの粉も売っています。マリオンにも時々手料理を御馳走しています」日本食をうまく取り入れながら、自分らしく体調管理をされているのがとても素敵でした。


シングルよりも、“アイスダンス”が盛んなフランス。

「フランスはシングルよりもアイスダンスがとても盛んです。選手も沢山いますし、練習の環境も日本より整っています」

アイスダンスの魅力は何ですか?
「やはり二人で世界観を作り上げていくところに魅力を感じます。 シングルで喜怒哀楽を表現するのも素敵ですが、アイスダンスはお互いの喜怒哀楽を感じ、高め合い、より幅広い表現が出来るところが面白いです。私達の滑りで、二人の間に流れている世界観を感じていただけると嬉しいです」とアイスダンス特有の魅力をいきいきと語ってくださいました。

パートナーのマリオンと、時に喧嘩しながらも高め合う毎日。

練習していて、パートナーと喧嘩することはありますか?
「します、凄くします! マリオンはきっちりまっすぐにやりたいタイプ、私はリンクの上ではふらふらと迷うタイプなので、キャラクターが違いますね。だから、意見がよくぶつかってしまい、喧嘩になります。でも、その分改善できて、高め合っている感覚です」

平井選手は、やさしそうで、喧嘩をするイメージがないのですが?
「だんだん言うことを言う性格に変わってきました」とお茶目に話してくださいました!

今季のショートとフリーの見どころを、それぞれ教えてください。
「ショートは、ブルースなので、二人のセクシーさだったりとか、曲もほかの選手よりも大人っぽいボーカルのものを使っているので、その雰囲気を楽しんでほしいです。
なので、メイクもコーセーさんの“ヴィセ”や“アディクション”の紫っぽいアイメイクでセクシーな感じにメイクアップしています。
フリーは、昨年亡くなったプリンスのメドレーで、プリンスの世界って個性的なんですけど、自分たちの個性と合わせて、ダイナミックなリフトを組み込んだり、ほかの人と違うことをやっているのでそこを見てほしいです」

では最後に、2017年の抱負をお願いします。
「毎年毎年、結果が良かったり悪かったり波があるなか、スケートを続けてこられたことが良かったなあと思っていまして。2017年もお客様に楽しんでもらえるように、自分たちが先んじて楽しんでいきたいです」
フレンチの洗練をまといながら、日本女性の穏やかさもあわせもつ平井選手は、とても魅力的でした。これからのご活躍がますます楽しみになりました。