KOSE SPORTS BEAUTY NEWS FIGURE SKATING KOSÉ SPORTS BEAUTY NEWS FIGURE SKATING

2012.02.24

鈴木明子選手へのインタビュー

今シーズン、絶好調の理由は?

2011年、全日本フィギュアスケート選手権で、女子総合2位という成績を収められていた鈴木選手。その試合について伺うと、今シーズンの中では決して良い出来映えではなかったと、とても冷静なお答え。ただ、昨シーズンと比べると、自分でも成長できていると思えるので、後半の試合に活かしたいと力強くおっしゃってくださいました。2011年(今季)出場した全ての大会において2位以内という好成績を維持されているので、納得してしまいました。最近、はまっていることを伺うと、迷わず「iPadです」とのこと。練習風景を録画してもらい、ジャンプや振り付けをすぐに確認できるので、とても便利だそう。今季、好調な理由のひとつは、もしかしたらiPadなのでしょうか。移動時間にはゲームをしたりもするそうで、漢字のかきとりゲームが今一番のおすすめのようです。

タレ目に見せる、つけまつ毛とアイライナーがポイント

エキシビションのメイクについて伺うと、今回は大きなタレ目に見せたくて、つけまつ毛をしっかりとカーブをつけてあしらったそう。また、エスプリークのクレヨンアイライナー(BK001)で、タレ目を強調するラインを描いていました。大きな瞳がさらに大きく、猫目のようにきらっと妖艶に輝いていました。アイカラーは金ラメの衣装に合わせて、ファシオのグラデライトアイズ(GD‐1)でゴールドのグラデーションを効かせていました。また、お肌がとてもキメが細かくて綺麗なので、何か特別なことをしているのかを伺うと「超音波をかけています」とのこと。さすが大人のアスリート。スキンケアも化粧水や乳液などを、つけるだけの美容ではないのですね。

衣装チェンジが最高にかっこいい

ゴールドのラメドレスに、ブラックのタキシード。エキシビションならではの衣装をチョイスされるところからも、鈴木選手のキャラクターがうかがえます。曲は「バーレスク」という映画のサントラ。歌手を目指す女の子の、サクセスストーリーというコンセプトのとおり、強い意志をもった主人公が鈴木選手に憑依しているかのような情熱にあふれていました。中盤、曲調が変わるタイミングでジャケットを脱ぎ捨て、軽快なステップを踏む鈴木選手。彼女にしか作れない、エンターテインメント感あふれる世界観に心を奪われました。その大人の魅力で、残る後半戦も世界中のフィギュアファンを魅了してほしいですね。