季節によって変わる肌の色

しみやソバカスの原因となるメラニンには、肌を紫外線から守る役割があります。日やけによって肌色が濃くなっている時期より、日やけをしていない時期の方が紫外線の影響を受けやすく、また、肌が白い人はメラニンが少ないため、紫外線に弱いともいえます。

季節による影響が肌にあらわれるまでには時間がかかるため、比較的紫外線の少ない秋~冬を経た春先の肌が、一年のうちでもっとも明るくなります。春は、紫外線量が増えてくる時期でもあり、紫外線の影響を受けやすい肌でもあるため、十分なケアが大切です。

  • 紫外線量と肌の色 季節変化
  • 紫外線量と肌の色 季節変化

春の紫外線対策

春はまだ日ざしが弱いように感じるかもしれませんが、3~4月頃から紫外線量は増え始めます。紫外線の影響を受けやすいため、日やけ止めをうっかり塗り忘れてしまうと、気付かないうちに紫外線を浴びていた……ということも。また、春は季節の変わり目であるとともに、乾燥や花粉などのアレルギーで肌が敏感になりやすい時期です。やさしい洗顔で肌トラブルをなくしていきましょう。

夏の紫外線対策

徹底した紫外線対策をする時期です。汗をかきやすく、水辺のレジャーも多くなる季節ですので、シーンに合わせてウォータープルーフタイプの化粧品を選びましょう。また、海や山、屋外のスポーツなどで日やけしそうな日の前日や当日の朝に、前もって美白ケアをしておくと、紫外線の影響を受けにくくなります。ビタミンCなど抗酸化作用のあるサプリメントを、日やけ前後に摂取するのも効果的です。

秋の紫外線対策

夏の紫外線の影響を受け、秋の肌は疲れ気味。湿度が低下し始める時期でもあり、乾燥した肌は角層のターンオーバーがスムーズに進まないので、メラニンを含む角層が溜まりがちです。乾燥を防ぐためにしっかりと保湿すること、また、古くなった角質を取り除いて角質のうるおいバランスを整えることが大切です。まだ紫外線が強い日も多く、行楽シーズンでもあるため、特に長時間の外出時にはしっかりと紫外線ケアを行いましょう。

冬の紫外線対策

都市化によって冬場の湿度は低下し続けているため、この時期は乾燥対策がとても大切です。紫外線が弱まる季節といえどもUVAは季節変動が少ないため、油断はできません。十分な保湿ケアで肌にうるおいを与えるとともに、紫外線防止効果のある日中用美容液を使うことで、紫外線量が増え始める春先に備えていきましょう。また、雪面は紫外線の反射率が高いため、スキーなど冬のレジャーシーンにおける紫外線対策もお忘れなく。