大人の赤リップ入門!
バブリーに見えない小慣れテク

この秋冬もリップメイクは主役級となっています。中でもトレンドとなるのが、赤リップです。ブーム当初は、10代、20代が人気モデルやアーティストを真似して真っ赤なリップをこぞって塗っていましたが、今は、40代以上の大人の女性からも支持されるようになっています。赤リップをひと塗りすると、顔の印象がパッと明るくなるせいか、心に栄養を与え、ぐっと女っぷりが増すようでテンションが上がります。

“こなれた赤リップ”はいくつかのコツがある!

私もメイクポーチには必ず入っている赤リップですが、今っぽく見える、“こなれた赤リップ”に見せるコツがいくつかあるんです。言い換えると、“コツを知らないで赤リップを塗ると、古臭い顔になる”ということ。美人なんだけど、昭和っぽい感じ……といいましょうか、もったいない印象になります。

赤リップの色と質感は「肌色と洋服」で決める

ではさっそくそのコツをご紹介しますね。まずは色選びです。赤といっても、コーラル系の赤、オレンジ系の赤、ブラウン系の赤などなど、バリエーションが豊富です。自分の肌の色やお洋服に合わせて選んでみましょう。何色か試しているうちに、必ず自分の肌色と似合う赤が見つかります。

ちなみに、私の肌は黄味寄りなので、オレンジ系の赤が似合います。肌色がぱっと明るく見えて、とても元気な印象になります。次に、質感です。パール感のあるツヤ、キラキラとラメが入った輝き、ツヤがないマットなどいろいろあります。これは好みにもよるんですが、ツヤや輝きがあるタイプは幅広い層の方に似合います。マットな質感は、とてもかっこよくてクールな印象に仕上がります。普段からモードな服がお好みの方、個性を引き出したい方にはとても似合いますね。

赤リップを選ぶには、自分の肌の色に似合う色と質感を見つけること。それには、自分の唇に色をのせるしかないと思います。色を選ぶ際のポイントは、肌色と赤リップとの相性。私のように黄味よりな肌は、オレンジン系の赤、色白の方はピンク系の赤リップ、小麦色の肌はオレンジ系、もしくはベージュ系の赤リップがいいでしょう。ボルドー系の赤リップに関しては、塗ったときにテンションが上がる、もしくは印象の変化を楽しめそうなら、ぜひチャレンジしてほしいカラーですね。

また、赤リップを塗った後の顔写真をスマホで撮影してチェックすると、鏡で映る自分とはまた違って、より客観的に自分を見ることができます。そして、1本だけではなく、できれば2、3本お気に入りの赤リップをセレクトしておくと、いろんなファッションにハマることができます。ちなみに私の場合、オレンジ系の赤リップはカジュアルなデニムに、ボルドー系の赤リップは、フェミニンなパンツスタイルに活躍中。赤リップって、服との相性もあるんです。

こなれた感じを出すには唇のアウトラインはぼかす

次に赤リップの塗り方のコツを紹介します。冒頭でお話しました“こなれた赤リップ”に見せるのがゴールです。“こなれた=ラフ、自然、カジュアル”という言葉があてはまります。リップブラシで丁寧にラインをとって塗ってしまったら、こなれた印象にはなりません、それは“昭和のいい女”。美人ですけど、平成顔ではないんです、残念。

ではさっそく実践! こなれた赤リップの塗り方は、3パターンほどあります。

<パターン①>
赤リップを直接唇にあてて、トントンと軽く叩くように塗る。アウトラインはあえてぼかす感じにします。そして、塗り終わったら“んっぱっ”と唇の上下をなじませて。

<パターン②>
中指に赤リップを適量とり、指先を唇にあててトントンとなじませる。

<パターン③>
①、②のいずれかの方法で塗った後、赤グロスを唇の真ん中に重ねる。

どうです? ものすごく簡単な方法ですよね。ラフに見せるためには、丁寧に塗ってはダメなんです。
そうそう、それと赤リップを美しく見せるとても大切なコツがあります。それは、素の唇の状態を良くすること。乾燥していたり、皮むけなんてもってのほか! リップクリームやバームなどで、唇のケアを忘れずに!

『おすすめリップ』
エスプリーク リッチフォンデュルージュ RD464
とろけるような滑らかなルージュ。ひと塗りで、肌の印象が変わり、“今日の肌、好き”って鏡に向かって言いたくなります。

関連コンテンツもチェック!

お友達にシェア