【体の中からエイジングケア】旬の食材ブロッコリーを使ったグラタンのレシピ | エイジングケア情報

2015-12-16

私たちの周りには季節問わず、さまざまな野菜果物が店頭に並んでいます。とても便利なことではありますが、野菜には「旬」があり、旬の野菜には美味しさはもちろん、その季節に体が必要とする成分が含まれています。

■野菜の旬を知ろう

これからの季節であれば冬野菜の根菜類や葉物野菜が旬を迎えます。冬野菜の大きな特徴は「寒さにあたると甘くなる。」ということです。

野菜は寒さにあたると糖分を蓄え、凍結して枯れてしまわないように身を守ります。また冬野菜の多くは体を温める効果が期待でき、さらに加熱調理をして食べるものが多いのでより一層体を温めてくれます。

このように旬を知り、旬の野菜を選ぶことで、より美味しく体に嬉しい効果が得られるのです。

■冬に旬を迎える「ブロッコリー」

画像出典:無料写真素材 写真AC

まさしく1年中手に入る野菜の代表格「ブロッコリー」。輸入のものも多く入っていますが、国産のものはこれからの寒くなる季節に旬を迎えます。

寒い季節にじっくり育つブロッコリーは甘みをたっぷり蓄えます。また抗酸化作用のあるビタミンエース(ACE)が全て揃っているのでエイジングケアに最適な野菜と言えます。

店頭で選ぶ際は、ふっくらと盛り上がっており、小さなつぼみがしっかり詰まっていて、茎に空洞がないものを選びましょう。

花が咲きかけているものは鮮度が落ちたもの。紫がかったものはたくさん日光を浴びたためで、茹でると緑色になります。

鮮度が命の野菜なので、買ったらすぐに食べてほしい野菜です。ビタミンA・Eは油に溶ける(脂溶性)ビタミンなので、油と一緒に摂ることで吸収率が高くなります。炒め物やドレッシングで和えたサラダなどがおすすめです。

■ブロッコリーと塩鮭のグラタンを作ってみよう

画像出典:筆者本人

熱々のお料理が嬉しいこの季節に合わせて、ブロッコリーを使ったグラタンをご紹介します。抗酸化作用のあるアスタキサンチンを含む「鮭」と合わせることで、さらにエイジングケアにふさわしい一品になります。

面倒なホワイトソースを作らなくても十分クリーミーなグラタンが作れますので、ぜひお試しください。

◆ブロッコリーと鮭のグラタン

【材料】(2人分)
ブロッコリー   1/2個
塩鮭(切り身)  2切れ
玉ねぎ      中1個
牛乳       200cc
小麦粉(薄力粉) 大さじ2
オリーブオイル  小さじ1
ピザ用チーズ   大さじ2
塩        適宜
胡椒       少々
タイムパウダー  少々

【作り方】
1. ブロッコリーを小房に分け、固めに茹でる。
  玉ねぎは薄くスライスする。
2. 鮭の皮をとり、食べやすい大きさに切り、小麦粉をまぶす。
3. フライパンにオリーブオイルを入れ、
  玉ねぎがしんなりするまで炒める。
4. 3に牛乳を入れ2の鮭、残った小麦粉・タイムパウダーも入れて
  鮭に火が通るまで中火で加熱し、塩・胡椒で味を整える。
  *沸騰させないように注意する。
5. 耐熱皿に4を流し入れ、ピザ用チーズを乗せ200℃のオーブンで
  きつね色になるまで焼く。

旬の野菜を使って是非色々な料理にチャレンジしてみてくださいね。

関連コンテンツもチェック!

お友達にシェア