敏感肌がエイジングケアで気を付けておきたいこと。エイジングサインの原因や化粧品を選ぶポイント

メインビジュアル

エイジングケアで若々しい肌をキープしたいけれど、敏感肌のため肌への影響が心配という方は多いのではないでしょうか。敏感肌でも、化粧品を正しく選ぶことで肌への影響のリスクを抑えられます。今回は敏感肌の方がエイジングケア用品を選ぶときのポイントや注意点について詳しくご紹介します。

【敏感肌篇】お肌にエイジングサインが…エイジングの原因とは?

プチプラコスメでもエイジングケアってできる?

敏感肌は皮膚のバリア機能が低下しているために、シワやたるみ、シミなどのエイジングサインが現れやすい状態の肌です。

紫外線や摩擦、化学物質など、さまざまな外的刺激の影響を受けやすいため、ケアが不足していると将来的にエイジングサインが現れやすくなります。また、空気の乾燥によって肌の水分が奪われやすく刺激を感じやすいことも特徴です。

季節に関係なく肌が敏感な状態のため、普通肌の人よりもコスメの選び方や使い方に注意しなければなりません。それでは敏感肌のエイジングの原因について詳しくみていきましょう。

年齢によるもの

年齢を重ねると肌のうるおいを保つヒアルロン酸やセラミド、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが減少します。うるおいとハリが失われると、肌のバリア機能が低下するため、紫外線や摩擦などの刺激を受けやすくなるのです。

その結果、刺激を受けたときに生成されるメラニンが蓄積してシミやくすみが現れたり、肌のキメが乱れてシワができたりします。

外的要因によるもの

紫外線によって「光老化」と呼ばれる現象が起こり、紫外線に対する防御反応として肌がごわついてシワやたるみが引き起こされます。コラーゲンやエラスチンの減少によるシワ、たるみと重なることで、さらにエイジングサインが現れやすくなるのです。

また、手でさわったり衣類がこすれたりすると、肌の水分が奪われたり角質層がダメージを受けたりしてシミやシワのリスクが上がります。

敏感肌がエイジングケアをする際のポイント

敏感肌がエイジングケアをする際のポイント

敏感肌の方は、エイジングケアをする際に次のようなポイントを押さえることが大切です。

低刺激のアイテムを選ぶ

敏感肌は、普通肌の人と比べて肌がダメージを受けやすいため低刺激のコスメを選ぶ必要があります。一般的に肌への刺激が弱いとされる成分も敏感肌には刺激となる可能性があるのです。

刺激になり得る成分が全く含まれていないか、少量しか含まれていないコスメを選びましょう。

肌にたっぷりうるおいを与える

敏感肌の原因の1つに、肌の乾燥があげられます。そのため、化粧水や美容液で肌にたっぷりとうるおいを与えることが大切です。肌のうるおいが不足していると、美容成分も肌に浸透しにくくなるため化粧水の質にこだわりましょう。

エイジングサインにアプローチする成分が配合された化粧品を取り入れる

シミやシワ、たるみなどエイジングサインにアプローチする成分が配合された化粧品を取り入れることで症状の悪化を抑えられる可能性があります。シミには美白成分、シワやたるみにはコラーゲンなど、エイジングサインに合わせて配合成分を選ぶことが大切です。

敏感肌が化粧品を選ぶときに気をつけること

敏感肌が化粧品を選ぶときに気をつけること

敏感肌の方が化粧品を選ぶときは、次のようなことに気をつけましょう。

使用テスト済表記のアイテムを選ぶ

パッチテスト済、アレルギーテスト済など、使用テストしたうえで販売しているアイテムを選びましょう。パッケージに記載されているので確認することをおすすめします。ただし、使用テスト済みの化粧品が必ずしも敏感肌に合うとは限らないため、改めてパッチテストをしてから使った方がいいでしょう。

とろみのあるテクスチャーのもの

とろみのあるテクスチャーのものは使用感がいいため、敏感肌の方におすすめです。とろみがあることで皮膚をこすりにくくなっています。さらさらタイプだと肌に手が直接触れることで刺激になるおそれがあるため避けた方がいいでしょう。

サンスクリーン剤が配合されているもの

サンスクリーン剤が使用されているコスメは、肌を保湿すると同時に紫外線からも肌を守ってくれます。敏感肌の方は紫外線の影響を受けやすいため、しっかり対策することが大切です。そのうえでサンスクリーン剤を単独で使えば、紫外線をより強くガードできます。

敏感肌におすすめしたい化粧品に配合される成分

敏感肌におすすめしたい化粧品に配合される成分

敏感肌の方には、次のような成分の使用がおすすめです。

美白有効成分

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、プラセンタエキスなど美白有効成分が含まれたコスメを使うことでシミやくすみに対処できます。敏感肌は、普通肌の人と比べて肌に刺激が及びやすいため、美白有効成分でメラニン対策することが大切です。

アミノ酸

人の身体の約60~70%は水分、約20%はアミノ酸で構成されています。肌の水分を保つ天然保湿因子の約半分はアミノ酸で構成されているなど、肌とアミノ酸は深い関係性を持っているのです。そのためアミノ酸が含まれたコスメを使えばバリア機能を補い、肌への刺激を抑えつつエイジングケアできます。

スクワラン

スクワランとは、肌を刺激から守る皮脂膜の働きをサポートする成分です。敏感肌の方は、肌の水分だけではなく皮脂の分泌も不足している場合があります。水分を補給しても、皮脂が不足していては肌の水分が蒸発してしまうため、スクワランで皮脂の働きをサポートすることが大切です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、少量で大量の水分を保持する能力を持つ保湿成分です。もともと肌に備わっていますが、加齢や空気の乾燥、摩擦などの影響で減少し、乾燥肌や敏感肌を引き起こします。そのためヒアルロン酸が含まれたコスメで補給することが大切です。

敏感肌が気をつけておきたい成分って?

敏感肌が気をつけておきたい成分って?

敏感肌の方は、次のような成分で肌が刺激を受ける可能性があるため、できるだけ避けた方がいいでしょう。

香料

香料は、コスメに香りをつけるために使用されますが、肌に刺激になる場合があります。香料にもさまざまな種類があるため、必ず肌に刺激になるわけではありませんが、できるだけ避けた方がいいでしょう。

鉱物油

鉱物油は石油由来で肌に悪影響が及ぶというイメージが定着していますが、現在では不純物を取り除く技術が完成しており肌への刺激がないため、過度に心配する必要はありません。しかしながら敏感肌の方は何に対して刺激を感じるか判断が難しいため、気をつけておいた方がいいでしょう。

アルコール

アルコールは、「エタノール」の名称で防腐効果や安定性の向上などを目的に配合されています。敏感肌の方が使用すると、皮膚の乾燥や刺激などのトラブルが起こる可能性があるため、できるだけ避けた方がいいでしょう。

たんぱく由来成分

たんぱく由来成分はアレルギーの原因になる場合があります。敏感肌の方はバリア機能が低下していることで普通肌の人と比べてアレルギー症状が現れやすいため、避けた方がいいでしょう。

まとめ

敏感肌の方がエイジングケアをする場合は、保湿成分や美白有効成分が含まれているアルコールフリーのコスメを使うことが大切です。肌への刺激をできるだけ避けつつ、エイジングケアを継続しましょう。敏感肌の方は、普通肌の人と比べてバリア機能が低下しているため、より一層のケアが大切です。

関連コンテンツもチェック!

お友達にシェア