実は知られていない!エイジングケアと美容液のふか~い関係!

※エイジングケアとは年齢に応じたお手入れのことです。

メインビジュアル

鏡を見るたびに実感する肌のエイジング。シワやたるみ、毛穴など忍び寄るエイジングサインには、美容成分がぎゅっと濃縮された美容液でのケアが最適です。選び方や効果的な成分などについて理解を深め、エイジレスビューティな肌を目指しましょう。

エイジングケア用の美容液と普通の美容液の違い

・美容液の特徴や役割

美容液は、保湿や美白、エイジングケアなど、目的別に合わせた有効成分が豊富に含まれていることが特徴です。肌にうるおいや栄養を与えたり、衰えてきた肌の機能を補うのに重要なアイテムです。一般的な美容液は保湿効果がメインですが、エイジングケア用美容液は、加齢に伴って引き起こされるシワやたるみなどの悩みにアプローチしてくれます。

テクスチャーもさまざまで、化粧水のようにサラッとしたものやジェル状のもの、クリームのようにしっとりしたものなどがあります。また、美容液は化粧品メーカーも開発に力を注いでいる分野で、肌に浸透しやすいようにナノカプセル化したり、成分が長く肌にとどまるよう工夫したりと、最新技術や有効成分が配合されているのも特徴です。

・美容液の選び方について

美容液は肌悩みを改善することに特化したアイテムなので、気になる症状に合わせて選ぶのが基本です。「肌にうるおいが欲しい」「シミを予防したい」「小じわを目立たなくしたい」など、エイジングに伴う肌の悩みを改善したい場合にはぜひ取り入れましょう。

では、何を基準にして美容液を選べばよいのでしょうか?
まずは自分の肌の悩みを明確にしたうえで、美容液に配合されている成分を確認しましょう。悩みと成分の関係性について、詳しくは最後の項目でご説明します。
「シワもたるみも毛穴もケアしたい」と肌悩みが複数ある方も多いと思いますが、1本で全てのトラブルをケアするのは難しいものです。悩みに合わせた有効成分が入った美容液を用意しましょう。

・話題の導入美容液とは?

導入美容液とは、スキンケアの最初に使う美容液のことで、次に使うコスメの役割をサポートしてくれる働きがあり、ブースターとも呼ばれています。洗顔後、化粧水の前に使うのが一般的で、角層になじんでうるおい成分を効果的に肌に届ける効果が期待できます。

ローションタイプやジェルタイプ、ふき取りタイプなどさまざまな種類があるので、好みの使用感で選ぶとよいでしょう。ただし、肌がデリケートな方は、コットンでふき取るタイプの導入美容液だと摩擦が肌の負担になる場合もあるので、避けた方がベターです。
「化粧品の肌なじみがよくない」「うるおいを実感できる化粧水がない」とお悩みの方は、導入美容液をお試しになってみてはいかがでしょうか。

エイジングケア用の美容液はこう使う!

エイジングケア用クリームの豆知識のキービジュアル

・美容液を使う順番

最近の美容液は、洗顔後すぐに使うものやスキンケアの最後に使うものなど使用する順番も多様化しており、美容液をつける順番がわかりにくいと感じている方も多いと思います。一般的には化粧水のあとに使うものが多いようですが、メーカーごとにさまざまな機能性や目的があるため、使用する順番は説明書に書かれている通り使うのが原則です。

しかし、説明書を処分してしまったり、美容液を複数使いたい場合は、テクスチャーが軽いものから使うのがよいでしょう。さらっとした感触のものから、重めの感触のものを使うようにすれば肌なじみがよく、次に使う美容液の浸透を妨げません。

・効果的な美容液の使い方について

1.適量を使う

もったいないからと、美容液の使用量を減らしてはいけません。商品によって使用量の目安は異なるので、説明書で確認して推奨されている分量を使いましょう。ただし、空気が乾燥する冬場などは、通常の分量ではうるおいが足りないと実感することもあると思います。その場合は、乾燥する部位は重ね塗りなどしてやや多めに使うなど、使用量を調節するようにしてください。

2.毎日使う

美容液はスペシャルケアとして取り入れるのではなく、毎日使用してこそ力を発揮してくれるアイテムです。ですから、継続して続けられる価格帯のものを選ぶことも大事です。お手頃価格だからといって、効果が期待できないというわけではありません。すでに効果が実証されている成分を使うなど、効率よく美容液を作ることでコストを下げているから実現した価格なので、リーズナブル=効果が期待できない、ということではありません。

3.1か月は使い続ける

美容液を使い始めたら、翌日の肌を見ただけで「あまり効果ない」と考えるのは早計です。肌に赤みが出たり荒れたりといった肌トラブルがなければ、最低でも1か月は使ってみましょう。肌のターンオーバーは健やかな20代の肌で約28日、40代になれば40日程度と言われているので、肌が生まれ変わる前にすぐに使うのをやめてしまっては、効果が実感できない可能性もあります。

4.顔全体に使う

スポット美容液など、あらかじめ部分的に使うことを推奨しているものを別として、シミがある部分にだけ美白用美容液を使ったり、シワがある部分にだけエイジングケア用美容液を塗るなど、部分的に使うのは効果的ではありません。美白もエイジングケア用美容液も、顔全体に使って肌の体力を底上げしておきましょう。とくに美白ケアは年中おこなって、シミができないように予防することが大切です。

~肌悩み別~
エイジングケア用美容液の選び方のキホン

効かせるテクニック編のキービジュアル

肌に悩みはつきませんが、エイジングという観点に絞ると、「シワ」「ハリのなさ」「たるみ毛穴」「シミ」が挙げられます。それぞれに効果的な成分を紹介するので、美容液選びの参考にしてください。

・シワ

乾燥による初期の小ジワは、保湿ケアを丁寧に行ってうるおいを補給することが有効です。しかし、エイジングに伴う深い加齢ジワは、保湿ケアでは改善できません。真皮のコラーゲンが減少して皮膚全体が弾力を失うことが原因なので、肌の弾力を高めるケアが有効なシワ対策になります。

おすすめの成分は「レチノール」です。ビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促進してコラーゲンを増やす働きがあります。油溶性の成分なので、美容液やクリーム、アイクリームなどに配合するのが一般的です。やや刺激が強いので、肌が弱い人は注意しましょう。

「ビタミンC誘導体」もシワ改善に有効な成分ですが、美容液の場合は「脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体」を選びましょう。有名なものには、「パルミチン酸アスコルビル」や「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)」があります。

・肌のハリのなさ、たるみ毛穴

加齢とともに加速するお悩みが、肌のハリのなさやたるみ毛穴で、一因はシワと同様です。真皮にはコラーゲンとエラスチンの繊維があり、肌の弾力を保っていますが、加齢によってこれらを生成する繊維芽細胞の働きが弱まり、生成量が低下します。

真皮のコラーゲンの減少や変性によって、肌の弾力が失われた肌には、縦長の涙状のたるみ毛穴ができます。エイジングに伴う毛穴悩みで、放置しておくと毛穴が連なってシワになってしまうため、早めのケアが肝心です。

たるみが原因の悩みには、肌の弾力ケアに効果的な「レチノール」入りの美容液を取り入れましょう。とくに毛穴ケア用とうたっていなくても、「レチノール」入りのものであれば、たるみ毛穴に効果的です。

・シミ

加齢に伴って目立つようになるのがシミです。美白成分にはさまざまなものがありますが、薬事的には美白化粧品の働きはあくまでも、〝メラニン生成を抑えてシミやそばかすを予防する〟ことです。美白化粧品はシミがつくられないよう予防的に使うものと考えましょう。
代表的な成分には「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「コウジ酸」「カミツレエキス」「エラグ酸」などが挙げられます。

すでにできてしまったシミを薄くする効果があるのが、美容皮膚科でも処方される「ハイドロキノン」です。肌の漂白剤と呼ばれるほど効果が高い成分ですが、その分刺激が強いので、市販のものでは1~2.5%程度の配合になります。医師の処方があって4%の濃度のものをもらえますが、使用には注意が必要なので、必ず容量、使用法を守って使いましょう。

まとめ

加齢によるシワやたるみなど、年齢を感じる肌変化にとまどう人も多いと思います。しかし、正しい知識を身につけて賢く化粧品を選べば、いつまでも若々しくいられますよ!

あなたにオススメの記事

お友達にシェア