心のセルフコントロール方法を覚えてエイジレスな日々を過ごす | エイジングケア情報

こんにちは、みなさんは悩みが多くて家事や仕事に集中出来ない、パフォーマンスが上がらないといった経験はありませんか?私はアロマセラピストの仕事をはじめて今年で16年目ですが、実際にこれまでたくさんのクライアント様の悩みを聞き、身体のケアをしてきました。

画像出典:無料写真素材 写真AC

メンタル面での悩みの多くが人間関係上のトラブルです。トラブルに悩んでいる本人は勿論ですが、ネガティブな空気は周りに伝わり、周囲も居心地が悪いものです。普通にしていたって人生山あり谷ありですから、心のセルフコントロール法を少しでも身に着けると仕事の能率も上がるし、何より気分よく日々を送ることができます。毎日が気分よく過ごせれば自然とポジティブ思考になり、その結果、心と体のエイジレスにも繋がります。そこで今日はエイジレスに過ごすための心のケア方法をアロマセラピストとしての経験から教えます。

■大人になっても人間関係の悩みは付きないもの

周りの人とラクに付き合っていくにはどうすればいいのでしょうか。ストレスとは「思い通りにならない」と脳が判断したときに感じるものです。ならば、ストレスを減らすにはできるだけ「思い通り」にことを進めればよいわけです。嫌な人とは付き合わない。気乗りしない集まりには行かない。人の評価を気にしない。

画像出典:無料写真素材 写真AC

ですが、そうはいっても、それを簡単に実践できれば苦労はしませんね。40代、50代といえば既に世の中で大人と言われる年代で、人付き合いこそ年の功が生きてくるはずなのに、お客様の悩みを伺っていると、実情は若い時とさほどの変わらないようです。私自身も45歳なのに幼稚なことで気を止むことが多々あります。

■嫌な人からのお誘いは断ることも必要

悩みを抱え過ぎて、無理やり嫌な人付き合いを続けると、更年期のホルモンのアンバランスも手伝って、抑うつ気味になる方もおられます。またこれまで普通に付き合っていたように見える人が、突然音信不通になることもありますが、これは我慢の限界がきた結果、極端な行動に出てしまっているわけです。これではますます人間関係が悪くなるばかりです。

画像出典:無料写真素材 写真AC

そんなことになる前に、仕事上のお付き合いはある程度仕方がないとして、身近な人とのお付き合いでは、どうしても必要な人間関係だけで良いと改めて認識しましょう。自分に「選んでもいいのだ」と言い聞かせ、「嫌な人のお誘いは断っていい」と許可を与えましょう。断ったり、中座したりしても大丈夫だという経験を増やすのです。最初は居心地が悪いかもしれません。罪悪感や後悔の念が湧いてくるかもしれませんが、その都度何度も言い聞かせてください。

■カウンセラーやセラピストなど専門家に助けを求めてみよう

画像出典:筆者撮影

それでも気分が優れないときは、アロマセラピストやカウンセラーに話してください。話すことで気が楽になることは女性なら誰でも経験があると思います。ですが、話す相手を間違えてはいけません。身近な相手はかえって傷つくことがあります。「みんなそうよ」「わがままじゃない?」「人生そんなもんだよ」。そんなアドバイスや批判ではなく、きちっと効果的な話の聴き方のスキルを持った私たちセラピストに話したり、体のケアを委ねてみてください。私たちはそのためにいるのです。

■のんびりと待つこと、ポジティブ思考がエイジレスに効く

皆さんは「ご縁」を信じますか。ご縁があるものはきっと、まわりまわってまたあなたの元へとやってきます。それまで待てるかどうか、これが大人かどうかの違いではないかと思います。縁を「待つ」というある意味「のんびりとした時間の流れ」をときには意識してみましょう。しがみつくのではなく、流れに身を委ねてもいいのです。

また先日、医師によるエイジレスセミナーに参加してきましたが、エイジレスのためにはメンタル、いわゆるポジティブ思考が欠かせないといいます。エイジレスは美容面はもちろん、身体の健康にも関わりが大きく、生活習慣病を予防するためにもメンタル面でのセルフケアは必須です。エイジレスな体は、明るい気持ちに宿るというわけです。

■気持ちのセルフコントロールにはアロマを是非使ってみて

画像出典:筆者撮影

さて、そんな風にセルフコントロールするときにはアロマテラピーをサポートに使ってください。アロマテラピーは嗅覚の特性を利用したセラピーですが、嗅覚は「本能」や「情動」と強く結びついています。嗅覚は脳のなかの、本能や情動の中枢である大脳辺縁系にすばやく情報が届きます。嫌いな匂いに理由はありません。くさいものは、くさい、のです。

自分にとってこの香りを使うべきか、使わないべきか、という前に「好き!」とか「くさい!」と判断するのが嗅覚なのです。理性を介さず、快不快で判断するわけです。そしてそれは生きる能力、そのものなのです。食べ物が腐っているかどうかを確認するときは、たいてい匂いを嗅ぐと思います。嗅覚はまさにサバイバルな感覚です。嗅覚を鍛えることで本能力を鍛え、人付き合いの中でうまくサポートに使ってみてくださいね。

関連コンテンツもチェック!

お友達にシェア