「老けて見えるか、見えないか」の違いって?
40代は、2度目の曲がり角!
エイジングケアを今すぐ始めましょ!

エイジングケアとは年齢に応じたお手入れのことです。
2年3ヵ月を無駄にしないように
今すぐケアスタート!
加齢を実感してから平均2年3ヵ月遅れて
ケアを始めているようです
気付いてからだと遅い!?
「老けて見えるか、見えないか」は
この間で差がつく!
40~50代の女性に意識調査を行ったところ、加齢を感じ始めるのは平均40.6歳、エイジングを始めるのは平均42.9歳と判明。加齢を実感してから実際にエイジングケアを始めるまで、平均2年3ヵ月間もかかっているんです。
※コーセー調べ
40代の肌は「二度目の曲がり角」を
迎えています
まずは20~50代の年代別に、
それぞれの肌の悩みについて調査してみました。
調査してみました。

20代で最下位だった「シミ・ソバカス」の悩みは30代になると一気に1位に。それ以降は「たるみ(ハリのなさ)」「小ジワ」といったエイジング悩みと「シミ・ソバカス」が上位を占めています。40代以降のお手入れは、このエイジングケアが大きなカギになるといえます。

なぜ悩みが増えるのか?

なぜ、40代以降になるとシミ・ソバカスといった【2次元】悩みに加えて小ジワ・ハリのなさといった【3次元】悩みが増えるのでしょうか?

さらに40代からは、乾燥による小ジワやハリのなさ、皮膚のかたさなど3次元の肌悩みがあらわれます。これは女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少しはじめ、弾力のもとであるコラーゲンの量も低下するのが一因。その結果、皮膚が急に薄くなるとともに、乾燥によって回復力もガクンと下がると考えられます。
つまり40代の肌は、外部からのダメージ増に加え、回復力の低下によってさまざまな肌悩みが一気にあらわれる大きな“転換期”といえるのです。

まとめ

40代の肌が“二度目の曲り角”を迎えてしまう理由は、年齢を重ねることによってできてしまう「小ジワ・ハリのなさ+シミ」という複合的な肌悩みのせい。つまり、この「小ジワ・ハリのなさ+シミ」の差が、同じ年齢なのに老けて見えるか、見えないかの大きな違いになるのです。

98%の方が「また使いたい」と評価!
アスタブランが支持される理由とは?
皆さんが試したアイテムはこちら
アスタブラン Wリフト ローション
さっぱり/しっとり/とてもしっとり
[医薬部外品]

うるおいが、ハリ・弾力に変わる。
目もと、口もとの乾燥小ジワまで、目立たなくする美白化粧水。
進化型アスタキサンチンCPX※1配合。
※1 進化型:アスタブランにおいて、CPX:コンプレックス
効能評価試験済み※
*メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

ユーザーからの声

「肌に染み込むような付け心地」
「べとつかず、香りも好み」
「価格がお手頃!」

アスタブラン Wリフト エマルジョン
しっとり/とてもしっとり
[医薬部外品]

うるおいが、ハリ・弾力に変わる。
目もと、口もとの乾燥小ジワまで、目立たなくする美白乳液。
進化型アスタキサンチンCPX※1配合。
※1 進化型:アスタブランにおいて、CPX:コンプレックス
効能評価試験済み※
*メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

ユーザーからの声

「しっとりしていてお気に入り」
「肌なじみがいい」
「べとつかず、付け心地がいい!」

あなたにオススメの記事

お友達にシェア