• コーセーと出会う
  • コーセーの歴史
  • 企業情報

1946-1972 小林合名会社創業、高品質な化粧品を上市へ

1946

化粧品の製造販売を開始

3月2日、小林孝三郎が東京・北区王子に小林合名会社を創業

1948

株式会社小林コーセーを設立 従業員26名(6月8日)

1950

京都の京粧会から優秀本舗1位として認められ、表彰を受ける

1951

感光色素を配合したクリーム「パーライトスキン」発売

販売部門としてコーセー商事株式会社を設立

1953

コーセー初のファンデーション「コローヌ」発売

1956

10周年の創業記念日に株式会社アルビオンを設立

1957

コーセー初の高級化粧品シリーズ「ラボンヌ」発売
現在も販売しています

東京都北区堀船に本社社屋落成

愛用者組織カトレア会発足

1961

ダンボール等紙器製造会社、株式会社トパック
(後にインターコスメ株式会社と合併)を設立

1962

日本人の肌に合う最良の高級品シリーズとして「オーリック」発売
現在も販売しています

1963

フランス・ロレアル社と技術提携(2001年に合弁契約を解消)

1964

埼玉県狭山市に狭山工場を設置

東京都北区に研究所(現 コーセー研究所)を開設

1965

東京都中央区日本橋に本社移転

1966

20周年記念高級化粧品シリーズ「アルファード」発売

1967

「オーリック コンパクトファンデーション」発売

1968

香港での販売を開始
コーセーにとって初の海外本格進出

1970

高級品専門ブランド「コスメデコルテ」発売

1971

シンガポールに現地法人 KOSÉ SINGAPORE PTE.LTD. を設立
埼玉県上尾市に教育センター開設

1972

コーセー初のメイクアップ専門ブランド「ノア」発売

マレーシアに KOSÉ (MALAYSIA) SDN.BHD. を設立

NEXT 1973-1990

Page Top