MENU

〔人権・労働慣行〕従業員とともに

人財育成と職場環境の整備に努める

コーセーグループでは、従業員一人ひとりが成長することで会社も成長できると考え、従業員の向上心と主体性を尊重し、自ら意思と勇気をもってチャレンジできる人を積極的に支援しています。
労働安全衛生やワークライフバランスに配慮し、一人ひとりの人権や多様性を尊重する風土作りを進め、社員がいきいきと活躍できる環境を整えています。

雇用環境の整備とワークライフバランスへの配慮

研究所で実施した親子見学会の様子

コーセーグループでは、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を進めています。その一環として、美容スタッフ職などの有期契約社員の積極的な正社員への雇用転換や、職種・地域および性別などによらない正社員への雇用転換の推進に取り組んでいます。
特に女性が多数を占めている有期契約社員から、一般正規社員への雇用転換においても、雇用実態に即した転換となるよう2019年4月1日までの3年間で女性比率平均50%以上を目指すこととしており、あらゆる社員がその能力を発揮できるよう、環境づくりを行っています。

※ 資料は こちら をご参照ください。

また従業員の多様性を尊重し、ライフイベントへ柔軟に対応できるよう、仕事と家庭の両立支援を進めています。2015年度より、コーセーとコーセー化粧品販売では、育児や介護を抱える社員も安心して働ける制度を導入し、活躍できる環境を整えています。家族と暮らし、就業を継続できるように考えられています。
育児休業は、最長で産後2年まで取得可能であり、保育園に入所できない場合などに活用されています。時短勤務制度も整備されており、出産した正社員のうち100%が育児休業を取得し、8割以上がその後復帰しています。育児休業や時短勤務制度を気兼ねなく活用できる雰囲気作りや、子育て中の従業員へのバックアップ体制の充実も推進しています。

従業員の健康増進

従業員の健康は企業としての重要な基盤と考え、その健康管理と増進に取り組んでおり、従業員全員が、精神的にも身体的にも、安全かつ健康に働けるよう労働安全衛生へ配慮しています。従業員の労働時間を把握し、削減目標を設定して労働時間の適正化を進めているほか、定期健康診断の受診を促し、その結果や労働実態に応じて産業医ほか産業保健スタッフによる面接指導を実施しています。それらの取り組みが認められ、2017及び2018年度は経済産業省と日本健康会議より「健康経営優良法人 ホワイト500」に認定されました。

人権に関する教育・啓発とダイバーシティマネジメントの推進

多様性を尊重する職場へ

当社では、「コーセーグループ行動指針」において、常に健全な職場環境を維持するために努め、各人の人権を尊重し、差別につながる行為は一切行わないことと定めています。また管理者向けのマネジメント教育の中で人権啓発・教育を推進しており、国籍・人種・宗教・学歴・年齢などに加えて、いわゆるLGBTを初めとする多様な性(性的指向や性自認を含む)についての理解に基づく人権尊重のための管理職向け研修を実施しました。併せて行動指針も一部改定を行ない、社会通念の変化に応じたダイバーシティと人権への配慮について職場における認識、理解を促進し、多様性を尊重する健全な職場環境づくりに努めています。

LGBT:Lesbian、Gay、Bisexual、Transgenderを指す語。

人材育成とイノベーションの創出

新人研修では働くことについて一から学びます
海外を含めた商品化アイデアコンテスト

コーセーでは、理念や目標を共有しながら、一人ひとりの多様性を活かして自ら学び成長する姿勢を重視しています。その支援のため各種研修制度や通信教育補助、教育基金制度等を整備しています。入社時、3年目、30歳時の組織横断の「人材開発研修」のほか、各部門の特性に応じた実務研修の機会を設け成長を促しています。その他、将来のリーダー育成プログラムとして、化粧品の新しい価値提供の検討と立案を行うプロジェクト形式の研修も定期的に実施しています。

従業員のアイデアを商品化

また、個人の多彩な着想を事業に生かす試みとして、広く従業員に商品化アイデアを募るコンテストを2008年から隔年開催してきました。2016年度は対象を海外に広げ約2,000件の応募に対して審査し、優秀提案を表彰しました。2017年度からはさらなるイノベーションを目指す社内公募の取り組みも開始しています。

障がい者と健常者がともに働く環境づくり

車いすでも作業がしやすい設計(特例子会社 アドバンス)

コーセーグループでは、障がい者が健常者とともにいきいきと働ける環境づくりを進めています。

ノーマライゼーション支援(特例子会社アドバンス)

美容スタッフの技術力向上のために

授賞式の様子
EMBコンテストの予選を通過した17名
グランプリ(中央)と準グランプリの美容スタッフ

お客さまと接する美容スタッフは、知識や技術の習得に加え心をこめた対応で、化粧品に更なる価値を付加する大切な役割を担っています。2014年度は美容スタッフ1,177名を契約社員から正社員に登用しました。これにより従来は半分程度だった美容スタッフの正社員比率が約9割にまで増加しました。2015年度からは、厚生労働省の認可を得た「メイクレッスン検定」を導入し、美容スタッフの技術と意識の向上に寄与しています。
美容スタッフが毎日の店頭活動で身につけた、メイクや接客の技術を総合的に競う場が、1975年にはじまった全国コンテストです。2011年度からは「グローバルEMBコンテスト」として、対象を海外にも拡大。2018年度も、国内外から最終選考まで勝ち残ったメンバー17名が、その技術を競いました。

メイクレッスン検定について

お客さまへのメイクレッスン
実技審査
厚生労働省ホームページ

コーセーでは、お客さまの満足度を向上させるために、美容スタッフの技能を評価する社内検定制度として厚生労働省に認可された「コーセーメイクレッスン検定」を導入しています。この検定は、美容スタッフがお客さまに対して、店頭だけのアドバイスにとどまらず、お客さまご自身でメイク方法を身につけて頂くことを目的としています。お客さまに「正しい使用量・使い方」を習得して頂き、ご自身できれいになれるようお手伝いをすることで、お客さまの美容スタッフへの信頼がより高まり絆が生まれ、会員様の育成にもつながっています。「コーセーメイクレッスン検定」は、2015年度に2級の試験を実施し、2016年度から1級の試験をスタートしました。2級は職務経験4年以上の美容スタッフが有すべき知識と技能を基準としており、筆記試験ではベースメイクの知識やテクニック、美容に関するトレンド情報、接客・応対・美容・皮膚の知識が問われます。1級は2級の合格者を対象に、上級の美容スタッフが有すべき知識や技能として、ポイントメイクの知識、カラー・色彩の知識等も求められます。また、実技試験では「メイクレッスン」として、お客さまにメイク方法を教える技能(お客さまの顔半分のメイクを美容スタッフが実施し、もう半分をお客さま役に実施させる)を評価します。

「コーセーメイクレッスン検定」を通じ、美容スタッフの知識と技術を測り、制度として運用していくことによりメイク技能の標準化を図るとともに、技術、接客・応対の向上を目指しています。

第7回グローバルEMBコンテストグランプリ受賞

仙台支店 吉田 香 Kaori Yoshida  ヨシダ カオリ

美容スタッフはお客さまが発しない本心を、しぐさや、視線、態度などから汲み取る力が問われます。そのため、時代の変化に合わせて、自分が成長しなければいけないと思います。今後の目標は、たくさんのお客さまを笑顔にし、更なる美しさを提案していきます。
BEAUTY ADVISER

企業情報一覧

Page Top