MENU

〔公正な事業慣行〕CSRサプライチェーンマネジメント

取引先様との連携が、企業活動の基盤

コーセーは創業より取引先様との関係を重視し、「共存共栄」を目指す経営の実践、お客さまへの親切で丁寧な対応を一緒に実現させていくことを目指してきました。この姿勢は経営環境が変化した今でも変わりなく、受け継がれています。また、持続可能な社会の実現のためには、「共存共栄」の精神を社会全体へ広げることが大切であると考えています。

CSRサプライチェーンマネジメント(活動目標一覧)

サプライチェーンにおける取引先様との連携

サスティナブルかつ安心・安全で高品質なものづくりは、当社だけで実現することは不可能であり、すべての取引先様との協力関係によって成り立っています。今後の企業活動の順調な拡大のためにも、国内外の多岐にわたる取引先様との連携強化は必要不可欠です。

仕入れから販売まで、製品供給の流れ

持続可能な調達のために

コーセーの調達活動に関する基本的な考え方をまとめた「調達基本方針」を公開しています。

調達基本方針(資材調達情報)

お客さまへ安心してお使いいただける商品をご提供するため、社会や環境に配慮したCSR調達を進めるため以下の取り組みをしています。

情報交換会

化粧品原香料や容器・パッケージ、OEM委託の国内外の仕入先様との相互理解を深めるため、個別の情報交換会を年に2回実施しています。この場では、品質や納期に加え、環境や社会問題などへのCSR対応を確認するほか、更なる品質向上や調達の安定化などについて情報や意見の交換を行います。原材料の品質向上や調達の効率化はもちろん、環境にやさしい植物由来樹脂原料や紙器類の採用等の仕入先様との共同開発へとつながり、相互発展に寄与しています。

モニタリング

年に1度、国内外の仕入先様への下記事項等に関するアンケートにより、モニタリングを実施しています。問題が発覚した場合、改善要求・取引停止などの対応を行う場合があります。

社会的責任と人権尊重

  • 法令および企業倫理方針の遵守
  • 安全衛生に配慮した職場環境を提供すること。
  • 人種、国籍、宗教、信条、障がい、性別、年齢、出身地、性的指向等による差別・児童労働・強制労働を排除し、社会的弱者へ配慮すること。
  • 贈収賄禁止    等

コーセーでは、サプライヤー様における結社の自由、団体交渉の権利、法外な時間外労働の撲滅や最低賃金の権利に対して、尊重・支持しています。

地球環境保全・資源保護について

  • エネルギー・水の使用量や廃棄物量を把握し削減目標を管理すること。
  • 公害を防止するため、法規制に関わる化学物質・排出物質を管理すること。

仕入先様感謝会

仕入先様感謝会の様子

年に1度開催している方針説明会では、当社グループの方針と経営計画および購買方針を説明するとともに、特に業績や品質向上、環境配慮などに大きく貢献いただいた仕入先様へ感謝の意をこめて表彰する感謝会を行っています。2016年度は、原香料、材料、OEM、各種制作物等の国内外の80社を超える仕入先様にご参加頂き、品質向上・環境・CSR配慮への継続的な協力を呼びかけました。海外からのご参加も増えているため、会場では同時通訳をしています。

工場視察

国内外の仕入先様に対しては、必要に応じて、当社の品質保証部門と購買部門の担当者が仕入先様の施設を訪問します。品質安定性・労働安全衛生・環境対策・情報整備などの観点で評価および意見交換し、是正箇所に関しては改善要求を行っています。

新しい仕入先様との契約

新規お取引にあたっては、調達基本方針に従い契約を締結します。

化粧品資材・OEMについては、下記の「資材調達情報」ページからWEBフォームを通じてお申し込みが可能です。

調達基本方針(資材調達情報)

委託生産における連携

全ての商品に高い品質基準を設定しています

社外に生産委託する場合は、国内・海外を問わず、コーセー独自の高い品質基準を安定して満たせることが大前提であり、そのための連携体制を常にとっています。新規に生産委託する場合には、衛生的な生産のため、GMP基準に照らして工場内の環境や工程に関する監査を行っており、また継続して、定期的な品質監査も実施しています。高品質維持のための連携を通じ、生産委託先企業との相互発展を図っています。

物流における取り組み

高品質かつ効率的な物流を実現

コーセーでは事業構造改革の一環として、これまで自社運営してきた国内の物流業務を2011年10月より株式会社日立物流および日立物流コラボネクスト株式会社へすべてアウトソーシングしています。これにより経営効率の向上を図るとともに、物流業務の品質向上、物流ニーズ変化への迅速な対応、物流の合理化による環境負荷の低減を実現しました。同業他社とのチャーター便共同利用や全国物流拠点への配送便の積載効率向上など、格段の効率化が進んでいます。なお、温室効果ガス(CO2)排出量については、コーセーグループの環境負荷として2014年度の報告より合算しています。

地球環境のために「オフィス・物流・店舗における取り組み」

また、1997年に発足した「コスメ物流フォーラム21」では、化粧品メーカー6社の物流部門が討議し、日本各地(北海道・東北・北陸・中部・中国・四国・九州・沖縄)で化粧品の発注・配送の共同化を実現しています。この共同配送をおこなうことにより、販売店様の荷受け作業の効率化および納品車両運行回数の削減によるCO2排出量の削減に貢献しています。更なるエリア拡大について現在も検討を続けています。

販売店様との共存共栄

ブランドの特徴を学ぶ導入研修
山口県の販売店様と合同で高齢者の方へのメイク講習を実施

コーセーグループでは、創業以来、販売店様に直接商品を卸すだけでなく、美容スタッフの派遣や店頭什器の提案など、販売店様の経営をサポートするという密な連携体制を築いてきました。販売店様同士の全国組織「コーセー会」や当社の役員と販売店経営者様との交流会などを通し、当社と販売店様の絆を深めています。流通の多様化が進み、セルフ販売の化粧品を中心に代理店様を介したお取引も増えていますが、共存共栄の経営という精神は変わっていません。
また、店頭でのカウンセリング販売を実践していただくために、販売店様やその従業員の方々を対象としたセミナーも多数実施しています。販売店様向けセミナーでは、それぞれのブランドに対する理解を深める導入研修をはじめとして、カウンセリングスキルのさらなる向上を目指し、キャリアを積むためのスキルアップ研修を定期的に開催しています。2013年度からは、当社と取引のある企業・販売店様へ入社された新入社員の方々を対象に、社会人としてのマナーから化粧品従事者としての美容に関する基礎を学ぶ教育をサポートし、早い段階でのプロフェッショナル育成を応援しています。
また、当社にとって販売店様は地域との関係を深めるための大切なパートナーでもあります。一例として、販売店様と当社が合同で地域の高齢者の方にメイク講習を行うという取り組みがあります。コーセーグループは今後も取引先様との信頼関係を築き、確かな美容スキルでお客さまの気持ちに寄り添う接客の追求に努めていきます。

企業情報一覧

Page Top