MENU

環境地球環境のために生産における取り組み

コーセーでは、生産活動において、産業廃棄物の削減や地球の温暖化防止のための省エネルギーへの取り組み、環境汚染の防止など、様々な側面で地球環境に配慮した取り組みを継続して行っています。

生産における環境マネジメント

コーセーの生産部門では環境への影響に配慮し、2000年度に群馬工場にてISO14001の認証を取得し、2002年度に狭山工場、2003年度に関係会社向上でも認証を取得しました。2015年9月に発行されたISO14001の改正版についても、順調に移行作業を進めています。経営部門と生産部門の双方で省エネ化を推進しています。

コーセーグループのISO14001認証取得工場

<国内>

  • (株)コーセー 群馬工場
  • (株)コーセー 狭山工場
  • インターコスメ(株)群馬工場
  • (株)アドバンス
  • (株)アルビオン 熊谷工場

<海外>

  • 高絲化粧品有限公司(中国)杭州工場
  • 台湾高絲股份有限公司(台湾)新竹工場

リサイクルの推進

廃棄物のリサイクルを推進

コーセーの生産部門では、発生した廃棄物を単純に”捨てる”のではなく再資源化して社会に還元することを目標としたリサイクル活動に力を入れています。基本的な考え方は、マテリアルリサイクルを最重点に、ケミカルリサイクル、サーマルリサイクルを併用し、単なる焼却処理や単純廃棄を極力なくすことで、この方針に沿って各職場においても分別・回収を徹底し、リサイクル率の向上、廃棄物量の削減に努めています。これらのリサイクルは、最適なリサイクル業者の見直しを都度実施するとともに、処理業者の視察も計画的に実施し、適正な処理がなされているか、監視しています。

マテリアルリサイクル:材料をそのまま利用するリサイクル(例えばプラスチックからプラスチックへ、紙から紙へリサイクル)
ケミカルリサイクル:何らかの化学的なプロセスによるリサイクル(リサイクル原材料を別の形にして利用)
サーマルリサイクル:リサイクル原材料を利用して熱として回収するリサイクル

環境負荷低減への取り組み

2011年には、群馬工場にエネルギー使用効率を高めるコージェネレーションシステムを導入しました。天然ガスを利用して自家発電するとともに、原動機から出る廃熱を化粧品製造に有効活用することで環境負荷を低減しています。ほかにも、工場の使用電力は、空調負荷が高まる夏季にピークを迎えることから、工場棟屋根へのスプリンクラーや屋根遮熱塗装、窓への遮光ネット等を整備し、室温上昇の抑制に努めています。

天然ガスを利用したコージェネレーションシステム
工場棟屋根のスプリンクラー
遮光ネット

群馬工場内に新生産棟が稼動予定

新生産棟の外観

現在、群馬工場内に延床面積 18,666 m2の新生産棟を建設しています(2017年春、稼動予定)。今後の売上拡大に伴う生産量増加への対応、多様化するお客様のニーズに対応した多品種少量生産の効率的運用、および狭山生産設備の老朽化対策として、生産体制の再編を行い、群馬工場を国内・海外の生産拠点のマザー工場と位置づけます。また、施設の効率的な運用により環境負荷も低減し、国内の生産部門におけるCO2総排出量が約2割低減する見込みです。

企業情報一覧

Page Top