MENU

〔環境〕地球環境のために

省資源・省エネルギーで地球環境を守る

コーセーでは、環境マネジメントに関する国際規格「ISO14001」の基本的な考え方をベースに、CSR活動全般に関する意思決定を「CSR委員会」が行い、「CSR推進委員会」と傘下の環境ワーキンググループが中心となって環境活動を推進しています。

地球環境のために(活動目標一覧)

環境基本方針

  • 1.生物多様性や環境保全に配慮し、省資源、リサイクル、省エネルギー、廃棄物の削減等に努めます。

    コーセーは材料・資源の減量化の推進やリサイクル材料の積極的活用、廃棄の容易な材料を活用した商品化、工場やオフィスなど全ての事業所での廃棄物の減量化と分別収集の徹底などを目指した企業活動を展開していきます。

  • 2.常に環境負荷低減型の原材料の使用、および商品の研究開発に努めます。

    環境汚染を防ぐために、特定材料や原料の削減、使用禁止等についてはガイドラインを作成して徹底しています。また、環境にやさしい原料や材料の研究開発も積極的に進め、商品化に生かしたり、包装材料の簡素化や軽量化に役立てています。

  • 3.環境関連の法律や規則を遵守し、環境保全に関する社会活動に積極的に参加します。

    容器包装リサイクル法等を遵守するだけでなく、工場排出物等に関しては社内規制を強化して環境汚染の防止に努めるとともに、各事業所周辺の環境向上運動や地球環境保全事業への積極的支援なども行っています。

  • 4.環境保全活動を推進するための組織を整備し、継続的な活動を展開します。

    1997年に地球環境委員会を設置、また2013年4月にはCSR委員会へと改変し、活動の推進と関係各部門への働きかけを組織的に行うとともに、ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを積極的に導入し、実施しています。

  • 5.環境保全に関する教育、広報活動等を通して社員の環境に関する意識の向上をはかります。

    活動の原点はまず社員からという考えのもと、社内報を活用した情報提供などを通じて、社員の意識向上に努めています。

コーセーの生物多様性への考え方

コーセーは、生物多様性からもたらされる恵みを尊重し、世界が直面する環境課題を自社にも関わるものとして、地球環境保全に取り組んでいます。事業活動においては、生物多様性と事業の関わりを把握し、影響の低減に努めています。さらに、社内の情報共有化を推進し、全社員に向けた啓発活動を行うとともに、社外へも情報を発信しています。

生物多様性保全のために「SAVE the BLUE」プロジェクトに取り組んでいます。

詳しくはこちら

環境マネジメント

2013年より発足したCSR委員会、CSR推進委員会の下に環境ワーキンググループを設置し、全社的な環境マネジメントシステムを構築しました。これにより、事業活動の一環として、地球環境の保全に向けた取り組みをより一層強化してきました。
2014年度からは、コーセーグループの環境負荷の全体像を把握することを目的として、海外を含む連結グループ会社全体の環境負荷の情報収集を充実させる取り組みを進めています。

環境マネジメントシステムの組織体制図

環境規制への対応

コーセーは環境関連法規の遵守はもちろん、グループ全体で環境負荷要因を極力減らす努力を続け、環境汚染の防止に努めています。

環境法の遵守

環境基本法をはじめとする環境関連の各種法規制、条例や地域協定の遵守を徹底するために、ISO14001に適合した法規制への対応を実践しています。特に生産・物流部門で統一した「環境マニュアル」に従って、事業所・関係会社・拠点センターごとに対応するとともに、将来の法制化もすみやかに対応できるよう法規制の動向も常に監視しています。

化学物質への対応

化粧品は身体に直接使用するものなので、製造段階でも有害な化学物質を使用することはありませんが、まれにPRTR法(特定化学物質排出量の把握・管理促進法)など、化学物質の管理に関する法や条例の適用を受ける物質を使用する場合があります。

コーセーでは対象となる化学物質をどれだけ環境中に排出したかを監視・測定するシステムを構築しています。この監視・測定システムの運用によって法律に厳密に対応するとともに、これらの化学物質の使用や排出の削減に努めています。

企業情報一覧

Page Top