MENU

特集2「fukushima さくらプロジェクト」で福島・東北を応援

コーセーは、2013年より東日本大震災の被災地への復興支援の一環として、「fukushima さくらプロジェクト」に参加しています。3年目を迎えた2015年4月には、当社ならではの取り組みである化粧品のキャンペーンで育成した新種のさくらの苗木を、初めて会津若葉幼稚園(福島県会津若松市)に寄贈しました。少しずつ着実に、桜と笑顔が広がっています。

fukushima さくらプロジェクト

大きな爪あとが残った東日本大震災の被災地では、月日の経過とともに、復興が着実に進んでいますが、福島では原発事故に伴う復興の遅れから、直接・間接的な支援が必要な状況が続いています。
これを背景に福島の現状を忘れず、風化させないために「fukushima さくらプロジェクト」が2013年に立ち上げられました。多くの企業の参加(協賛)により、シンボルとなる新種のさくらを増やし、福島県から国内外に届けることを通じて、福島・東北を応援する機運を醸成する広報活動を行うプロジェクトです。
子どもたちが安心して暮らせる未来のために、それぞれの参加企業が福島発の新種のさくらを、さまざまな方法で多くの人々に伝え、行動を促すきっかけづくりをしていきます。

新種のさくらが全国に広がるまで

新種のさくらは森林総合研究所が開発し、福島・東北を応援するシンボルとして福島県に贈られたものです。
2013年より、福島県林業研究センターに建設された苗木の養生ハウスで増殖を進め、2014年から福島県外への贈呈が開始されました。これからは順次全国各地へ贈呈し、拡大を進めていきます。

代表取締役社長
小林 一俊

「fukushima さくらプロジェクト」にかける想い~「美」を通じて日本を元気に~

月日の経過とともに、被災地から離れた場所では、どうしても被災地で戦い続けている人々に思いを馳せる機会が減ってきています。そこで、化粧品と同じく、「美」を通じて人を笑顔にするさくらをシンボルとした「fukushima さくらプロジェクト」に参加することにいたしました。春になると毎年咲き誇り、震災のあった春でさえも健気に咲く桜を目にすることで、被災地に思いを巡らせるきっかけになると思います。
私たちは以前から、「絆」をテーマにお客さまや販売店様へ向けた活動を行ってきました。このプロジェクトでも、福島発のさくらが復興の象徴となって、被災地で頑張っている皆様や全国の皆様と強い絆を結ぶことでしょう。一日も早く、満開の「はるか」が各地の街を彩り、東北に心からの笑顔が戻る日がやってくることを願っています。

2014-2015年度の取り組み 1鶴ヶ城プロジェクションマッピングに協賛

2015年テーマ「あかべこものがたり」

2015年3月に、3回目となる「鶴ヶ城プロジェクションマッピング」が開催されました。福島県会津若松市の象徴「鶴ヶ城」の城壁に、大輪の花をつけたイメージ映像が投影され、多くの人々に“未来”へ向けた強いメッセージを届けました。同時上映の「夢の春」デザインコンテストでは、福島県の小学6年生がデザインした「夢の春」100作品が紹介されました。年を追うごとに県外からの来場者が増え、観光産業の復興支援にもつながっています。

2014-2015年度の取り組み 2化粧品を通じて新種のさくらを拡大

2013年より、化粧品の販売を通じてキャンペーンを実施、新種のさくらの増殖を支援しています。2016年1月からのキャンペーンでは、昨年に引き続き、当社の代表ブランド『エスプリーク』と『コスメデコルテ』、『プレディア』で実施しています。期間中は対象商品の外装箱に共通ロゴを表記して告知活動を行うだけでなく、お買い上げ金額の一部を増殖費用として寄付しています。お使いいただくたび、福島・東北への想いを馳せていただけるよう、対象商品は容器やパフをはじめ、カラー、香りに至るまで新種のさくらをイメージしました。

これまでの「fukushima さくらプロジェクト」キャンペーン対象商品

  • 2013年8月21日~10月31日『エスプリーク ビューティフルスキンパクト UV リミテッドキット2』
  • 2013年11月1日~12月31日 『コスメデコルテ モイスチュアリポソーム 限定キット』
  • 2014年2月16日~4月30日 『エスプリーク カバーするのに素肌感持続パクト UV 限定キット』
    『エスプリーク テカリくずれ防止 化粧下地』
  • 2014年3月16日~4月30日 『エスプリーク サクラブロッサム ルースチーク』
  • 2014年8月21日~10月31日 『エスプリーク カバーするのに素肌感持続パクト UV 限定キット2』
    『エスプリーク 濃密うるおい 美容液下地 限定キット』
  • 2015年1月16日~3月31日 『コスメデコルテ化粧液(モイスチュアリポソーム) 60mLサイズ/40mLサイズ』
  • 2015年2月16日~3月31日 『プレディア ライナーinアイシャドウ』(限定色) 『プレディア ジェリールージュ CL』(限定色)
  • 2015年3月16日~4月30日 『エスプリーク サクラブロッサム ルースチーク』(限定品)
    『エスプリーク サクラブロッサム 涙袋アイライナー』(限定品)
    『エスプリーク リッチフォンデュ ルージュ』(限定色)
  • 2016年1月16日~3月31日 『コスメデコルテ モイスチュアリポソーム キット』限定品
    コスメデコルテ サイト
  • 2016年2月16日~3月31日 『プレディア ライナー in アイシャドウ』 限定色(1色)
    『プレディア ジェリールージュ CL』 限定色(1色)
    プレディア サイト
  • 2016年2月16日~3月31日 『エスプリーク グロウチーク 限定キット』限定品(2色)
    『エスプリーク ルージュ グラッセ』限定色(4色)
    エスプリーク サイト

2016年春 fukushimaさくらプロジェクト 商品関連 ニュースリリースは こちら

2014-2015年度の取り組み 3さくらが見守る場所で広がる元気な子どもたちの声

根元に埋められたタイムカプセル

当社がさくらを贈呈した会津若葉幼稚園には、福島県内の他の市町村から避難している子どもたちも在園しています。植えた苗木の根元には、園児たちが描いた「将来の夢」を入れたタイムカプセルも埋められました。さくらの生長とともに園児たちの夢も大きく広がっていくことでしょう。今後も当社から、幼稚園や保育園などにさくらを贈呈する予定です。

さくらの贈呈について~子どもたちの夢や希望とともに育つ植樹先を募集しています~

当社からの植樹では、小さな桜の木が、未来の子供たちの夢や希望とともに育つことを願い、幼稚園や小学校などの教育施設、公園や広場などを中心に苗木を贈呈、植樹しています。
お申し込み詳細はこちら(PDF)

コーセー化粧品販売(株) 福島支店長 石黒 健二

東日本大震災から4年が経ち、東北・福島が震災で失ったものは計り知れませんが、人と人の絆は震災を通じてより深まりました。新種のさくらの広がりを通して、全国の皆様が被災地の活動を応援してくださっていることを実感しております。未来を担う子供たちの健やかな成長を祈るとともに、“化粧品の力”を通して、被災地の方を笑顔にするように取り組んでいきます。

東日本大震災関連の対応について

企業情報一覧

Page Top