MENU

トップメッセージ

さらなる飛躍へ

当社の創業は1946年。創業者の小林孝三郎は、人々に夢と希望を与える化粧品に限りない情熱を込めて事業をスタートしました。どのような品物でも飛ぶように売れたモノ不足の時代にあっても、お客さまに心からご満足いただける優れた品質の化粧品をつくり、一人ひとりに手渡しする気持ちでお届けしたいという強い信念のもとで経営にあたってきました。この想いは現在まで脈々と受け継がれています。研究開発に注ぐ情熱や品質への強いこだわり、流通チャネルごとにきめ細かく対応した販売体制、お客さまの求める多様な価値観に応えてゆく独自のブランドマーケティングなどは、すべて創業者の理念を具現化したもので、これらが現在のコーセーの強みでもあり発展の原動力ともなっています。
私は2007年の社長就任以来、当社のこうした伝統を継承しながら、さらなる高い付加価値の創出と、グローバル企業としての飛躍を遂げる基盤づくりを行い、新たな布石を打ってきました。今後はさらにグローバル展開を加速させ、既存の概念にとらわれず、果敢にチャレンジを行っていきたいと考えています。「世界に通用するブランドの育成」と、「経営資産の継続的なパフォーマンス向上」を基本戦略として、これまでの延長線上にない成長を続けることで、世界市場を舞台に存在感あるコーセーを目指してまいります。また、国際社会の一員として、その基盤となる社会や地球環境のサステナビリティにおける責任を果たすため、2017年7月に、国連グローバル・コンパクトに参加しました。2030年に向けた持続可能な開発目標(SDGs;SustainableDevelopmentGoals)に貢献するため、取り組んでまいります。
今後とも化粧品への限りない情熱を持ち続け、より信頼される企業となることを目指してステークホルダーの皆様とともに歩んでまいる所存です。

代表取締役社長小林 一俊

企業情報一覧

Page Top